上野-金沢間を半世紀以上にわたり結んできた寝台特急(ブルートレイン)「北陸」と夜行急行「能登」が12日夜、定期運転のラストランを迎える。車体を撮影しようとする鉄道ファン「撮り鉄」の一部にマナー違反も目立つことから、JR東日本は、両列車が発着する上野駅ホームに職員40人を配置、厳戒態勢を敷く。
 同社によると、両列車をカメラに収めようとするファンは先月中旬ごろから急増。今月6日は土曜日ということもあり、700人を超えたという。同社は現在、警備員を増やし、11日夜までは約20人態勢で警戒。12日夜は倍の約40人態勢で臨むが、「実際にどれくらいの人がホームに詰め掛けるか、想像もつかない」としている。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【動画】東武博物館リニューアル
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館

謝が向井四段に2連勝 女流名人タイトルを防衛 囲碁(産経新聞)
30日以内交通死、過去最少=高齢者が初の過半数-警察庁(時事通信)
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検(産経新聞)
諫早湾 干拓事業開門 政府・与党検討委初会合(毎日新聞)
府民の会、教育長に国旗の常時掲揚を要望(産経新聞)
AD