いつだってXTC

エコロジカルな思考でいこう!

音楽、映画、アート、読書も好き。

スポーツはやるのはテニス,見るのはメジャーリーグ。

知的好奇心を大事にしたい。


テーマ:

先行ロード・ショーで、ダークナイトを見ました。

噂に違わぬ、シリアスな映画でした。

おかげで、また、首が回らなくまりました(苦笑



<解説>

クリストファー・ノーラン監督とバットマン役のクリスチャン・ベイルが

手を組んだ本作。シリーズ史上初めて“バットマン”を外した『ダーク

ナイト』というタイトルを冠し、バットマン伝説の起源と、再び混乱状態

に陥ったゴッサム・シティの悪を滅ぼす“ダークナイト”の誕生を描い

ている。



そして最大の見どころとも言うべきは、バットマンの最凶最悪の宿敵、

ジョーカーとの戦い。ジョーカーに扮したのは、若手実力派として今後

の活躍を期待されていながら、本作の完成を前にこの世を去ったヒー

ス・レジャー。


狂気と不気味さが際立つ名作『時計じかけのオレンジ』 のアレックスを

参考に、ティム・バートン監督の『バットマン』 でジャック・ニコルソンが

コミカルに演じたのに対し、リアルなジョーカーを体当たりで怪演し、

ノーラン監督に「とてつもなく素晴らしい、観る者を圧倒する演技」と言

わしめた。(eiga-fanより抜粋)



<コメント>


ネタバレの可能性あり?それはないと思います。なんといったて、展開

早すぎて、とても追いきれない。なんで、ジョーカーがここにいるの?

なんて、考えていたら、取り残されてしまう。そんな感じでした。


だから、僕が憶えてるジョーカーの言葉を書きたいと思う。

といっても、全部憶えてるわけではなく、僕の頭によって作り上げられた

言葉だろうと思う。


「拳銃では、ダメなんだ。ナイフでないとわからないんだ。

 ひとの本姓が、そのとき、その瞬間に現れてくるんだ」


「重力の法則と同じように、悪の法則が、この世にはあるんだ。

人間が追い詰められたとき、その法則が顔を出すんだ」


「人間は、善を求めるのではなく、生を求めているんだ」


こんな言葉で、バットマンを追い詰めるジョーカー。

ジョーカーに迷いはないようだった。化粧崩れした顔からは伺い知れない。

ときどき、舌を出すのだが、一瞬のこと。だが、妙に印象的で、そのアナー

キーな表情にアクセントを加えていたのだ。


稀代のトリックスターといわれていたジョーカーだが、この映画における

ジョーカーはリアルスターである。僕自身に覆いかぶさってくるのだ。

その息苦しさに思わざる得なかった。


「バットマンよ、はやく、奴をやってくれ!」



そんなリアルなジョーカーを演じたヒース・レジャーはあるインタビュー

言っていた。

「ジョーカーに共感するとこ?同化するとこ?

 あるわけないじゃん。俺はジョーカー全部否定するね」


しかし、彼は不眠症で、薬の過剰摂取をしていたという。

やっぱり、ジョーカーの役に没頭していたんだろうと思う。

悩み、苦しんでいたんだろうと思う。



いづれにしても、みるべき映画だと思いますね。

でも、小学生以下のこどもとは、行かないほうがいいんじゃないかな。




xtc4241さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。