田所(伊藤健太郎さん)・鳴子(福島潤さん)のワンツーフィニッシュ。



OP

「Be As One」 by チーム総北[小野田坂道(山下大輝)、今泉俊輔(鳥海浩輔)、鳴子章吉(福島潤)、金城真護(安元洋貴)、巻島裕介(森久保祥太郎)、田所迅(伊藤健太郎)]

ミュージカルの挿入歌とかEDっぽいな・・・。




総北がハコガクらを鼻であしらい先頭に。


田所のツンデレで・・・鳴子、お水GET!!

じゃれ合うなぁwww

泉田がコーンを避けなかった理由を聞く。




タイムロス


もしもなんて考えず、その時はその時だと告げるのだった。

やはり、勝ちと負けの経験値だということ・・・か。


アブ、アンディ・フランクに感謝。そして、田所の言葉を受け止めるのだった。





ここからは、クライマーの戦い!!


え・・・? ハエを喰う御堂筋くん(遊佐浩二さん)www

やりすぎやw





オーダー!!



今泉は今まで通りチームを引っ張る。

巻島が他チームを蹴散らす。

そして、坂道くんがクライムに来た時、チームを引っ張る!!



ハコガクからは、ナルシスト・東堂(柿原徹也さん)が!!

めんどくさい・・・。


蜘蛛男・巻島と勝負することになる・・・!!





その頃、坂道くん・・・落車に巻き込まれ・・・・・・・・。


サブタイトル回収。空が見えるわ・・・。

まぁ、でも無事。

ただ、チェーンを直すのに手間取り、最後尾に・・・・・・。


リザルトを見て、金城さんもその事に気付くのだった。




ED

「Glory Road」 by チーム箱根学園[福富寿一(前野智昭)、真波山岳(代永翼)、東堂尽八(柿原徹也)、新開隼人(日野聡)、荒北靖友(吉野裕行)、泉田塔一郎(阿部敦)]

やっぱりミュージカル感はあるけど・・・いいな。



さぁ、本編。



ヒメ(田村ゆかりさん) VS シュンヤ(梶裕貴さん)


ヒメの涙で、羊さん(諏訪部順一さん)覚醒!!

あくまで羊?ですからwww


ヒメの映画を観る、坂道くん。

その1つとなりの席には・・・アイツがw






クライマー対決目前で坂道くんが・・・。

インターハイには悪魔が潜む。(御堂筋くん含む。)

今日は弱虫感・・・満載ではあったな。

おもしろかった。


東堂と巻島のいいコンビでの対決も来週から。

さらに、坂道くんの追い上げも来週から。

そして・・・ハエ喰いの男も動く???


今回はで。




33巻感想


鏑木君が主人公になりかかっている。でも、坂道くんがやはり主人公。

合宿が始まり、いつものように条件が付けられたまま4日で、1000km走破に挑む!!

そこに・・・



あの古賀先輩が登場!!


この男、ただのメガネではない。

最後の年にインターハイに出たいという気持ちの轟音の古賀とキャプテン・手嶋とのバトルに。



インターハイメンバー6枠が揺らぎ始めた回。

古賀先輩と手嶋の思い・過去が見えてきたぞ。。。

古賀先輩、壮絶だな。。。


それから、青八木が主にだけど、金城世代の遺伝子を受け継いでいると感じるシーンが。

あれは・・・田所さんだからできるんだと思ってたんだがな・・・。


287話まで進んだ今回、合宿2日目に入った所まででしたが・・・続きがかなり気になる!!

ちなみにチャンピオン本編の方ではインターハイに入る手前らしい。

ライバル関係、アイツの弟やらおもしろくなってきているみたいだよ。


弱虫ペダル 33 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥453
Amazon.co.jp

ペタしてね 読者登録してね にほんブログ村 アニメブログへ
AD

コメント(4)