私、伊藤英子の未来設計

伊藤英子の未来設計をつらつらと


テーマ:

こんにちは。伊藤英子です。今、伊藤英子は部屋に統一感がなくなってしまい困り中です・・・事の発端は、前回お話ししていたソファ2台です。ソファって今更ながらですが、部屋にとてつもない存在感を与えるものなのですね。いい意味での存在感ならいいのですが、今はどう考えても悪い意味での存在感を発揮しているようで・・・家族からも不評です・・・私も十分にそれを理解しているので、正直辛いです・・・()なんとかしなくては・・・というわけで、ただいま断捨離中。なぜに断捨離?と思われるかもしれませんが、とにかくスペースがないので、スペースを確保するところから始めることにしたのです。それまでは、残念ですが購入した2台のソファはお蔵入りでしょうか・・・ところで、断捨離していると結構いらないものって、家の中に溢れているものですね。今回は連結型ソファの一つが痛んできていたのでとりあえずそれを処分することにしました。その他は、カーペット2枚と、使わなくなった傘を5本、数枚割れてしまって不揃いになってしまった食器類を処分することにしました。きっとその他にも、処分してもいいものはたくさんありそうです。これを期に、思い切った断捨離をするつもりです。そして、今回購入したソファを部屋に置いても大丈夫なように少しずつインテリアも変更していくつもりです。インテリアを変更するといっても、もちろんベースはカフェ風ですけどね。さてさて、どうなることやら・・・伊藤英子頑張ります!!

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

伊藤英子の悪い癖が最近でていて困っています・・・その悪い癖とは、収集癖です・・・しかも暈の小さいものならばいいのですが、困った事に伊藤英子が収集したくなるものは、暈の大きいものなのです・・・つまり、部屋のカーペットや、家具なのです。自分でも、自分の収集癖に気付いていましたので気を付けてはいたのですが、ここのところ歯止めが利かなくなっていたのです。結果ここ3か月の間に集めてしまった品物は、カーペット3枚に、ソファが二つです・・・これにはさすがの伊藤英子も反省・・・両親からもお叱りを受けてしまいました。もちろん自分で購入したので、金銭的に迷惑はかけていませんが、問題は収納場所です。我が家が豪邸なら問題ないのですが、一般的な家庭です。つまり購入したのはいいけれど、その置き場所に困るのです。最悪カーペットは今あるカーペットを2枚重ねにすれば問題ないという結論に至ったのですが、ソファばかりはそういうわけにもいきません。二つソファを購入したという事は、少なくとも二つ既存のソファを処分しなくてはならないということなのです。まだ使えるソファばかりなのに、ほんとにバカな事をしてしまったものですよね。自分の事ながら情けない・・・けれど、インテリア設計士になりたい私としては、ついつい新しい家具を取り入れて、家の中に新風を取り入れたくなってしまうのです。今回はグレーのソファと、パッチワークっぽいソファを購入しました。バカな買い物をしたとは思うものの、それらのソファをとり入れてどのような空間作りをするのかが今から楽しみで仕方ない伊藤英子なのでした。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

8月に入り、暑さも本番を迎えた感じですね。伊藤英子の父親は大工を仕事としています。ですから、この炎天下の暑さの中、大工の仕事をしている父の事が心配でなりません。大工はほんとに過酷の仕事だとつくづく思います。そんな過酷な大工という仕事を長年している父を、伊藤英子は尊敬しています。そして現場によっては昼ご飯すら涼しい場所で食べられない事も多々あります。つまり、現場で食べなくてはならない事もあるのです。ですから父は、いつも保冷バックの中に白ご飯と、梅干しと、お茶を持って行くのです。炎天下での作業の後に、炎天下の中で口にできるものといったらお茶漬けしかないのだとか・・・体力勝負の仕事なのだからもっと力のつくものを食べて欲しいと思うのですが、それが現場で働くものの現実なのだとか・・・そうそう!夏の現場に忘れてはならないものが一つあります。何だと思われますか?塩飴です。父は決めた時間に食べるようにしているのだそうです。そうでないと忘れるのだそうですよ。あと、これは母の愛かな?と思うものとして、塩レモンと、はちみつ漬けレモンも持って行っているようですよ。酸っぱいものが苦手な父親ですが、この母が漬けたレモンだけは不思議と食べられるのだとか・・・夫婦二人三脚といいますが、父と母を見ていると、ほんとにその通りだなと思います。特に何を言うわけではないですし、ベタベタするわけではないけれど、父が現場から帰ってきたら必ずお風呂を沸かして、涼しい部屋でスタミナのつく料理をだす母。不平不満をいう事なく家族の為に頑張る父。伊藤英子もそんな夫婦関係を築いていきたいなと、思うのでした。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

先日、伊藤英子と目標を同じくしている友達が遊びに来てくれました。伊藤英子が手がけているカフェ風インテリアを見る為です。その友達はカフェ風になる前のフレンチカントリーの時の部屋も知っているのですが、「こんなに様変わりするのねー!」と高評価をくれたのです。やはり、同じ目標を持っている友達からの高評価は嬉しいものですね。励みになりました。中でも、リメイクシートを利用したインテリアにとても興味を持ったらしく、同じリメイクシートを買っておいて欲しいと言われたのですが、調べてみたところ、伊藤英子と同じリメイクシートは在庫が0の状態になっていました。こんな事ってあるの?!とも思い、リメイクシートの製造元にも連絡してみたのですが、やはりそこでも同じ結果だったのです。DIY女子という言葉をよく耳にしますが、やはりそれだけインテリアやDIYに興味のある人が増えてきているということなのでしょうか。友達にはありのままを連絡するつもりですが、ガッカリするのでしょうね。その友達にはいつもお世話になっているので、なんとしてもゲットしてあげたいです。これは定期的に連絡を取って、入庫しそうなタイミングで購入しにいくしかなさそうですね。伊藤英子も使えそうなリメイクシートに出会ったら、これからは大目に購入するようにしなくてはいけないですね。でないと、今回のように在庫0になってしまいそうですし!!皆さんでDIYされる方も、今後の事も考えて大目に購入されることをお薦めします。

 |  リブログ(0)

テーマ:

一軒家で住んでいる人も、マンションやハイツで住んでいる人も、こんな悩みを持ったことはないでしょうか?当初は部屋数が足りていたのに、家族が増えて部屋数が足りなくなってしまったからどうしよう・・・という悩みです。部屋数が足りないからといって、すぐ住まいを変えるというわけにはいきまんよね。それでは今現在の住まいで、工夫して生活するしかないのです。例えば広い部屋でしたら、リフォーム業者さんに入ってもらって一部屋を二部屋にすることもできますが、そういった方はまれかもしれません。それに、リフォーム業者さんに入ってもらったら、どうしてもお金がかかってきてしまいます。それではお金をかけずして、どのように部屋数を増やしたらいいでしょうか・・・今からご紹介するのは、伊藤英子の自宅で実際に使っていたやり方です。一部屋を二部屋かのような錯覚にさせるには、背丈の高い家具があれば簡単にできます。伊藤英子の経験上その家具は本棚か、収納のない部屋でしたら洋服を収納できる家具が最適です。それらの家具を二つ用意して、二部屋にしたい部屋の空間の中間に背合わせにしておきます。それだけで、部屋が二分割されているかのような雰囲気になるのでそれで完成でもいいのですが、それ以上に独立感が欲しい方は、棚を置いた壁との隙間にロールカーテンで仕切ってしまえばほぼ一人部屋の空間を手軽に作る事ができるのです。また、中間地点に置く家具の下に車を付ければ簡単に動かすこともできますので、広く部屋を使いたい時にはロールカーテンをオープンにして、家具を移動させたら、広々とした空間を作る事もできるのです。どうでしょうか?伊藤英子も使っていたやり方ですが、なかなか便利でしたよ。もし手軽に二部屋にしたい方はぜひ試してみてください。

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。