研究所★研究所~小さな研究所とぼくたちのミッションと~

世界には星の数ほど、研究所があります。ぼくが住んでいる京都府綾部市には数えただけでも4つもあります。グンゼ研究所、京都府畜産研究所、NPO法人間伐材研究所、そしてぼくの半農半X研究所。研究所とはミッション。すてきな研究所を探す旅にでかけましょう。


テーマ:

今日、「研究所★研究所」が
ご紹介する研究所は、


石田紀郎さんの
「市民環境研究所」(NO.0214)です。


1970年代から環境調査を手がけ、
2003年に京都大学を定年退官された石田先生が
中心になって設立された研究所です。


環境問題に関する調査、研究、政策提言をおこなっておられます。


2009年2月23日、京都市内でおこなわれる
シンポジウムで先生の基調講演を拝聴できますこと
楽しみにしております。


1人1研究所の時代。


スローダウンしつつ、ミッションに励む。


そんな時代がいまなのだと最近、ますますそう感じています。


久しぶりの更新でした。


みなさま、お待たせしてすみません!


<a href="http://www13.plala.or.jp/npo-pie/index.html " target="_blank">市民環境研究所詳細</a>


2009.01.29 研究所★研究所 塩見直紀
<a href="http://www.towanoe.jp/xseed/ " target="_blank">塩見直紀ホームページ</a>

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
50に1つくらいは
・まだ誕生していないけれど
こんな研究所があったらいいな
または
・自分が作っちゃいましたという研究所を
紹介していきたいと思います。
過去、このブログでとりあげたのが
「自分研究所」と「メッカ研究所」です。
この「研究所★研究所」ブログで
取り上げた研究所の数も「150」に近づいてきました。
ということで、3つ目の架空研究所を
とりあげてみたいと思います。
架空といっても、
ぼくの頭のなかにはすでに存在していて、
2006年の開設をめざすものです。
さてさて、その研究所名ですが
「21世紀の肩書き研究所」です。
ぼくの2冊目の本
『半農半Xという生き方 実践編』が
2006年1月末、ソニー・マガジンズさんから、
出版される予定になっています。
その本のなかで、ぼくは
21世紀は
与えられる肩書きじゃなくて
自分で自分の肩書きをつくっていきていこう
ということを書いていて、
いくつかの個性的な肩書きを紹介しています。
21世紀的な肩書きを
この数年、収集していて、
出会うと、パソコンに入力してきたのでした。
それもたまると、見えてくるものがありますね。
基本は
はっとしたこと、おもしろいなあと
思ったことをノートやパソコンなど
1か所にストックしていくこと。
何か名前をつけてあげるといいし、
それに対する哲学、コンセプトがあると
いろいろ発展させていくことができそうです。
この世にはいろんな肩書きを
自分で考えている人がいます。
肩書きとは、「使命多様性」社会の象徴!
ということで、2006年、研究所デビューです。
すてきな肩書きがあれば、教えてくださいね!
2005.12.28 研究所★研究所 塩見直紀
-----------------------------------------------------------
●2冊目の本『半農半Xという生き方 実践編』が
 ソニー・マガジンズさんから、もうすぐ発売されます。
 発行日は追ってお知らせします!
-----------------------------------------------------------
●半農半X研究所ブログ 
「半農半Xという生き方~スローレボリューションでいこう」
 http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/
-----------------------------------------------------------
●ミッションサポート系メルマガ「半農半X的生活」  
 http://www.mag2.com/m/0000154759.html
 X(エックス)=ミッション、天職、ライフワーク、夢・・・
 バックナンバー →http://blog.mag2.com/m/log/0000154759
-----------------------------------------------------------
●BLISSFUL CITY(里山センス・オブ・ワンダー系フォトログ)
http://www.satoyama.gr.jp/blog/con/
-----------------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、日本に1つの小さな研究所が生まれました。
 
場所は京都の綾部です。
 
創った人・・・ぼくです。ごめんなさい!
 
 
「研究所★研究所」で取り上げた研究所の数も
100に近づいてきました。
※目標は1日1つの研究所の紹介です。
 
50に1つくらいは
 
・こんな研究所があったらいいな
 
または
 
・自分が作っちゃいましたという研究所を
 
紹介していきたいと思います。
 
さてさて、昨日、生まれた研究所はすごいです。
 
その名も「メッカ研究所」です。
 
以下はその誕生秘話です・・・。
 
この3月末、現代アートの最先端な空間
アートサイト直島(香川・直島)に行ってきました。
 
そこには図書館があり、ぼくは1冊の本に出会ったのです。
 
その本には「精神分析のメッカ・ブエノスアイレス」
と書いてありました。
 
そんなメッカがあるのかと
ぼくは大変インスパイアされました。
 
そして、先日、ふと思い立ち、
エスペラント語(希望する者という意)について
インターネットで検索したのです。
 
1887年、ザメンホフが考案した世界語。
 
検索したら、エスペラント語のメッカ
ポーランドとありました。
 
エスペラント語にもメッカがあるのかって
これまた衝撃を受けたのです。
 
メッカで検索するといろいろ出てきます。
 
メッカ研究所。
ここでは、エックス(天職)と空間(磁場)の研究が主なシゴトになりそうです・・・。
メッカにはやはり研究所が多いのですね。
ということは
 
メッカ研究所は「研究所★研究所」の兄弟にあたる感じです。
これからぼくはこのもうひとつの研究所を育てていこうと思います。
 
ぼくが住む綾部は何のメッカかな。
 
あなたが住むまちは、職場は、何のメッカですか?

2005.5.21
研究所★研究所 塩見直紀
=================================
半農半X研究所ブログ「半農半Xという生き方~スローレボリューションでいこう」
 http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/
=================================
●メルマガ「半農半X的生活」(4.28)創刊しました!
  http://www.mag2.com/m/0000154759.html
=================================
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
自分研究所。

これはおそらくどこにも存在していない研究所です。

もう6年ほど前になると思うのですが、

PHP研究所の月刊誌(『ほんとうの時代』か『21』)

を見ていたら、

「自分研究所」という文字を見て、

はっとしました。

そうだ、みんな自分研究所の所長なんだって気づきました。

以来、忘れられない研究所となっています。

62億の人がいたら、

62億の研究所が生まれるかもしれない。

そんなことを思ったきっかけが

その記事だったようです。

××研究所。

その××に何か自分のテーマを入れて

取り組んでほしいなあ。

そうそう、テーマ(theme)って

「the」と「me」なんですよ。

2005.1.31

研究所★研究所
塩見 直紀

●半農半X研究所(京都・綾部)
「半農半X的生活~スローレボリューションでいこう」
 http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/
  お土産(ミッション系のことば)ついてます・・・
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。