ウソの死亡診断書を使って保険金をだまし取ったとして、警視庁は10日、川崎市多摩区西生田4、元新聞販売店員西村豊被告(55)(有印私文書偽造罪などで起訴)と、西村被告の元妻のさいたま市大宮区天沼町1、派遣社員蒲池優美子(58)、埼玉県川越市岸町1、会社員前島裕之(44)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、3人は2003年12月上旬頃、西村被告が死亡したとする偽の死亡診断書や戸籍謄本などを生命保険会社に提出し、死亡保険金約5400万円をだまし取った疑い。

 西村被告は、死亡診断書などを提出した後は知人男性になりすまし、偽の住民票や運転免許証を得るなどして生活していた。西村被告と前島容疑者は容疑を認め、蒲池容疑者は否認しているという。

 前島容疑者は、西村被告が以前に経営していた会社の元社員で、保険金の受取人になっていた。この事件で3人は、別の生命保険会社からも約3600万円の保険金を受け取っており、警視庁で追及している。

岡山の運送会社を捜索 山陽道GW渋滞3人死亡多重事故(産経新聞)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
老いる時知らず、若身の美味 初夏の「時鮭」初競り(産経新聞)
台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)
堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕(時事通信)
AD