日本自動車工業会交通統括部は、二輪車特別委員会のヤマハ発動機から選任された戸上常司委員長と綿引亮副委員長の後任として、同社新社長の柳弘之氏と取締役の高橋吉輝氏が委員に就任する予定であることを明らかにした。

柳社長が二輪車特別委員会の委員長に就任するかどうかは、正式には決定しておらず、自工会広報は、「5月の理事会を経て決定する」という。

柳社長は、ヤマハMC(モーターサイクル)事業本部SyS統括部長から上席執行役員を経て、2010年3月25日に代表取締役に就任した。高橋氏は執行役員・インドネシアYIMM社長兼YMMWJ社長を経て、同日常務執行役員に就任している。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
自工会の二輪車特別委員会、委員長・副委員長不在
自工会、次期会長に志賀日産COOを内定
ヤマハ、軽量型電動車イスを発売へ---介護者の負担も軽減
日本自動車工業会 特別編集
ヤマハ発動機 特別編集

「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)
遺族ら169人が少年審判傍聴=制度開始から1年で-最高裁(時事通信)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
<ブルートレイン>6年ぶり、肥薩おれんじ鉄道の区間に 「はやぶさ」走る(毎日新聞)
AD