昨年1年間に外国人の少年(14歳以上20歳未満)が刑法犯として摘発された件数は1087件で、前年(667件)の約1・6倍に上ったことが、警察庁のまとめでわかった。

 2002年以来7年ぶりの増加で、警察庁は「不景気による経済情勢の悪化などが影響している」と分析している。

 刑法犯の摘発件数のうち、車上狙いや空き巣などの窃盗犯が前年の399件から790件にほぼ倍増。全体の増加分の9割超が窃盗犯だった。摘発された人数はフィリピン人が最も多く、ブラジル人、中国人と続いた。

エコポイント手続き、簡単にします 4月から(産経新聞)
茨木の民家 火災1人死亡(産経新聞)
皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
与謝野晶子の自筆原稿をインターネット上で公開 (産経新聞)
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定-法制審(時事通信)
AD