宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、発生地から半径10~20キロ圏の「搬出制限区域」の家畜を早期出荷する対策について、県は28日の県議会全員協議会で、食肉処理できるのは、同区域の全家畜の22%に当たる約7700頭で、処理には約3か月かかるとの試算を明らかにした。

 早期出荷対象の家畜は10市町の3万3568頭(牛1万8256頭、豚1万5312頭)。

 1週間以内に食肉加工して出荷することで「家畜の空白地帯」を作る狙いだったが、加工場不足などで対策が進んでいなかった。子牛や子豚は食肉にならない規格外として処理するという。

社民、連立離脱へ…地方組織が相次ぎ要望(読売新聞)
前原国交相「考えは官邸に伝えた」 辻元氏の後任副大臣 (産経新聞)
内閣支持19%、首相「退陣を」59%…読売調査(読売新聞)
移設先削除は「不可能」=官房長官が社民幹事長に―普天間(時事通信)
浅草寺の五重塔バックに竿燈の妙技…きょうも(読売新聞)
AD