みんなの党の渡辺喜美代表は11日午前、郵政改革法案の対応をめぐり、国民新党の亀井静香代表が郵政改革・金融相を辞任しながら同党は政権にとどまることについて「われわれからみればよく分からないが、選挙第一、選挙の票目当てと考えればよく分かるんじゃないか」と批判した。

 その上で「(民主党にとって)国民新党との連立は特定郵便局長さんの票目当てだ。お互い票目当てでやってきたが、最後は裏切るのがこの連立の基本だ。民主党がこんなに簡単に人をだます政党かということがよくわかる」と皮肉を交えて語った。

 国会内で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
みんなの党、長崎選挙区に市議擁立
直撃受けた自民党とみんなの党 参院選対策は結局「失策頼り」
キャスチングボート確保、民主分裂狙う みんな・渡辺氏
菅直人新政権 みんなは敵対鮮明、新党改革は注視
世論調査「麻生内閣の末期症状と同じ」 みんな・渡辺氏
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

9%→52%、無党派層の内閣支持率が急上昇(読売新聞)
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)
岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)
両陛下が葉山からご帰京(産経新聞)
「仲間内でやっていた」野球賭博申告の力士ら(読売新聞)
AD