マダツボミ

テーマ:
マダツボミは、ポケットモンスターシリーズに登場する495種の架空のキャラクター(モンスター)のうちの一種である。特徴人の顔に見えるマヨネーズのチューブ状のつぼみに茎で出来た細い体、両手のような大きい葉っぱ、根で出来た足で歩き回る植物ポケモン。伝説上の植物である「マンドラゴラ」の一種ではないかといわれている。ジャングルなどの湿地帯に生息し、地面に足を埋めて養分を吸収するが、その途中に襲われると逃げるのに時間がかかる。ゲームでのマダツボミ『緑・ピカチュウ』・『リーフグリーン』に出現するが、敵の女性トレーナーも頻繁に使ってくるので該当するソフトをプレイしていれば目にする機会は多い。また、1作目以外では非常にありふれたポケモンとして複数のバージョンに出現する。くさポケモンには珍しく、こうげきととくこうの両方が高い。すばやさもそこそこあるので、連れていれば「こな」による状態変化の捕獲要員・いあいぎり要員として役立ってくれる。『金・銀』のキキョウシティには「マダツボミのとう」という塔が立っている。全長30mのマダツボミが塔の中心で揺れる柱になったという言い伝えがある。『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』では、ブルー・ハスブレロと共に、広場の住民として登場。アニメでのマダツボミカントー地方ポケモンリーグ4回戦で、サトシの対戦相手・カオルコが切り札として使用。見た目からは想像もつかない程強く、サトシのフシギダネ、ピカチュウを倒したが、ベトベトンに敗北する。ジョウト地方でも、ジュースが発酵できたツボツボを見分ける事が出来る「ポチ」という名前のマダツボミが登場する。ちなみに発酵できてないと「マダマダ」と言う。ポケモンカードでのマダツボミ映画でのマダツボミ短編映画『ピカチュウのなつやすみ』の場面切り替えシーンでは、鏡映しになったマダツボミが確認される。類似キャラクターはじまりの森というニンテンドウパワー専用ソフトに酷似したキャラクターが出現する。関連項目ポケモン一覧 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%84%E3%83%9C%E3%83%9F」より作成カテゴリ: くさポケモン | どくポケモン

鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ(産経新聞)
小沢一郎氏 幹事長続投を表明 (毎日新聞)
<鳩山首相>小沢氏幹事長続投「頑張って」と言っていない(毎日新聞)
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で(産経新聞)
<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)
AD