外務省は25日、国際結婚の破綻(はたん)に伴う子供の連れ去りの解決ルールを定めた「国際的な子供の奪取に関するハーグ条約」の加盟に関するアンケート調査をホームページ上で開始した。当事者の生の声を集め、同条約加盟に向けた法整備などに役立てるのが狙い。
 アンケートでは、配偶者や元配偶者に子供を国外に連れ去られたり、外国の裁判所の命令で国外への移動が制限されたりした経験を質問。また、日本がハーグ条約に加盟することで、想定される利益や不利益について意見を聞く。 

【関連ニュース】
新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新
海外市場、過半数が重視=リストラ志向から転換へ
企業の資金需要改善=5期ぶり
デフレ脱却、「政府」に期待=中小企業アンケート

首相は「県民の思いを勉強する」と理解を求めた 普天間飛行場の辺野古移設案で(産経新聞)
<普天間移設>首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」(毎日新聞)
<普天間移設>首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)
<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
社民・緊急両院議員総会 日米共同声明「辺野古」明記反対を確認(産経新聞)
AD