自民党の舛添要一・前厚生労働相は14日午前、国会内で記者団に「体制を刷新しない限り、自民党は(参院)選挙で勝てない。あらゆる可能性はオープンだ」と述べ、新党結成に改めて含みを持たせた。

 舛添氏は15日に予定している東国原英夫・宮崎県知事との会談について「宮崎はどうすれば活性化するのか、知事とよく議論したい。新党(結成で)連携みたいな報道があるが、そうではなくて政策で連携する」と語った。

 また、舛添氏は大阪府が税率や規制を自由に決定できる「大阪独立国構想」について「昔からの友人である橋下徹・大阪府知事と議論をずっと重ねている。政策が一致しているところは一緒にやればいい」と話した。

外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超(医療介護CBニュース)
<井上ひさしさん死去>魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動(毎日新聞)
諏訪大社の御柱祭、勇壮な「木落し」始まる(読売新聞)
外相・米大使、普天間調整で15日にも会談(読売新聞)
電線カルテル疑惑、十数社立ち入り…公取委(読売新聞)
AD