セリア油田

テーマ:
セリア(Seria)はブルネイ・ダルサラーム国・ブライト地区(Belait District)にある同国第3の町。正式名称はマレー語で「町」の意味を持つ「ペカン(Pekan)」を冠してペカン・セリア(Pekan Seria)である。また、スリアとも表記される。この記事においては、セリアの郊外にあるパナガオア(Panagaor、セリアの東にある、Kampong Panagaとも称する)、カンポン・バル(Kampong Baru、セリアの東)、アンドゥキ地域(Anduki、カンポン・バルの西、住宅計画で知られるローロン・ティガ・バラット通りに隣接する)についても記述する。ただし、同じセリア郡のバダス(Badas)はこの記事に含めないものとする。町名の由来旧称はマレー語で「野生鳩の野原」という意味のパダン・ベラワ(Padang Berawa)である。現在の名称「セリア」は1929年にブルネイで初めて石油が発見された地域のすぐそばを流れる河川の名前に由来する。ただし、現地の人による公式文書には、「セリア川で発見されたと明記されており、それゆえこの地域がセリアとして知られるようになった」とある。位置 ブルネイの地図 セリアはブルネイの西部に位置する。セリアはブライト地区[1]のセリア郡(mukim Seria)にある。中心市街地は碁盤の目状の街路が整備され、北からテンガー通り(Jalan Tengah)とセリア・アレナ(Seria Arena)、東からローロン・サトゥ・バラット通り(Jalan Lorong Satu Barat)、南からボルキア通り(Jalan Bolkiah)、西からローロン・ティガ・バラット通り(Jalan Lorong Tiga Barat)が町に接続する。町の面積は0.603km2である。[2]ブライト地区の行政庁所在地のクアラ・ブライト(Kuala Belait)は16km西にあり、道路網で結ばれている。同じくブライト地区にあるラビ郡(Mukim Labi)はセリアの東にあり、首都のバンダルスリブガワンは100km北東にある。歴史戦前最初の商業用の油田[3]は1929年にセリア川(Sungai Seria)西岸のパダン・ベラワで見つかった[4]。セリアの町は1936年、地方公共団体として官報に公示された。これまでセリアはクアラ・ブライト衛生局(Ku

名古屋3人死亡ひき逃げ、運転の男を逮捕(読売新聞)
同一犯?大阪・西成で不審火3件(産経新聞)
地盤ならではの団体? 「作る必要があったのか」裁判官が質問(産経新聞)
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚-大阪府警(時事通信)
「核なき世界」を議論=市民集会が開幕、内外のNGO-長崎(時事通信)
AD