寺田博(てらだひろし)氏(元「文芸」「海燕」編集長)5日、結腸がんで死去。76歳。告別式は近親者で済ませた。

 1961年、河出書房新社に入社。「文芸」編集長として、古井由吉氏ら「内向の世代」の作家を押し出し、中上健次氏の代表作「枯木灘」を手がけた。

 81年からは福武書店(現・ベネッセ)の「海燕」創刊編集長を務め、島田雅彦氏をデビューさせ、海燕新人文学賞を通じて、よしもとばなな氏、小川洋子氏らを世に出した。

 94年の退職後は文芸評論家として、時代小説の魅力を紹介した。著書に「百冊の時代小説」「ちゃんばら回想」など。

与謝野氏の動き、谷垣氏が不快感(産経新聞)
忙しすぎる「消費者ダイヤル」3月末で廃止(読売新聞)
未承認薬への対応「新薬開発を阻害するものではいけない」(医療介護CBニュース)
<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
雑記帳 広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
AD