横浜市鶴見区の鶴見川で10日に袋に入れられた女性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、遺体発見場所の川底から重りに使われたとみられるダンベルが発見されたほか、現場周辺で保管されていたいかりが複数なくなっていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 横浜水上署捜査本部によると、遺体が入っていた袋には小型船で使われているいかりが結びつけられ、川底からはダンベルが見つかった。捜査本部は、現場周辺から女性に重りをつけて遺棄した可能性が高いとみており、ダンベルの入手先やいかりの盗難状況も調べている。

【関連記事】
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工
いつもの散歩道「マネキンかと…」 大阪・ポリ袋に女性遺体
新座市の川に遺体 80歳ぐらいの女性か
川に乳児の遺体 東京都江戸川区
谷瀬のつり橋で飛び降りか 2キロ下流で男性遺体発見

横須賀の住宅で発見の男性遺体に刺し傷など、県警が殺人事件と断定/神奈川(カナロコ)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
<スーツケース遺体>飯沼容疑者を起訴…金沢地検(毎日新聞)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
<国民新党>地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
AD