JR東海の19~36歳の男性社員7人が、今年2月までの1年半、近鉄で不正乗車を繰り返していたことが17日、わかった。

 JR東海によると、7人は近鉄線を利用した後、近鉄とJRが同じ駅舎を使っている桑名駅(三重県桑名市)で、JR事務室の窓口処理機を不正使用し、IC(集積回路)カード乗車券の記録を消去していたという。

 確認できた不正乗車は、計258回、計10万3300円分に上った。7人は桑名駅や松阪駅(三重県松阪市)で駅員や車掌として勤務しているという。JR東海は7人を処分したうえ、近鉄に賠償し、謝罪した。不正乗車は今年2月、JR東海の内部調査で発覚したが、同社は公表していなかった。

安協女性部長、交差点で安全指導中はねられ死亡(読売新聞)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
雑記帳 オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
ドミノ・ピザに強盗、捕まえてみれば元社員(読売新聞)
官房長官、仙谷氏の衆参同日選発言を批判(産経新聞)
AD