衆院内閣委員会で国家公務員法改正案の採決が強行されたことを受け、自民、共産、みんなの3党は13日午前、同委の田中慶秋委員長(民主)に対する解任決議案を提出した。午後の衆院本会議で採決され、与党の反対多数で否決される見通し。その後、公務員法改正案が採決され、与党の多数で可決、参院に送付される。
 与党は6月16日の会期末を控え、残る重要法案の審議を急ぐ方針で、与野党の攻防が激しくなりそうだ。 

公務員法案が可決=自・み、委員長解任案提出へ-衆院内閣委(時事通信)
公園で15歳少女4人に援交迫る 容疑の大阪府立高教諭を逮捕「遊び半分だった」(産経新聞)
<薬事法違反容疑>未承認薬販売 社長ら逮捕 愛知県警(毎日新聞)
菅財務相、子ども手当現物給付に理解(産経新聞)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
AD