飲食店に置く携帯電話充電器のマルチ商法を巡り、虚偽の説明で購入者の解約を妨げたとして、大阪府警は27日、大阪市の販売会社MMS(現・メディアクロス)の元幹部ら8人を特定商取引法違反(不実の告知)容疑で逮捕した。同社のマルチ商法では「約束された配当がない」などの苦情も相次いでおり、府警は今後、実態解明を進める。

 府警生活経済課によると、逮捕したのは同社の実質経営者、友田龍生(37)=大阪市淀川区田川2▽同、井手口勝彦(51)=東大阪市島之内2▽同、今西博章(39)=大阪市淀川区西宮原1▽元社長の石川和孝(52)=滋賀県湖南市菩提寺=ら8容疑者。友田容疑者ら4人は否認しているという。

 逮捕容疑は、07年4~8月、充電器の購入者で契約解除を申し入れた高松市の無職女性(67)ら6人に「商品は既に設置されており、返金できない」「解約違約金として購入代金の40%(20万円)を払ってもらう」などと伝え、契約の解除を妨害した、としている。特商法の規定では、6人の解約は可能で、解約に伴う違約金も購入代金の10%までとなっている。

 MMSはコイン投入式の有料充電器を1台約50万円で販売し、購入者紹介料や配当をうたうマルチ商法を展開した。03年9月~07年8月の間、全国約2万2000人に約4万4000台を売り、約187億円を売り上げたとされる。しかし、購入者から解約妨害などへの苦情が相次いだため、経済産業省が08年11月、業務停止を命じ、その後、府警に告発していた。【渋江千春】

【関連ニュース】
特商法違反:疑いで内職教材会社を捜索 千葉県警など
特定商取引法違反:容疑で結婚紹介業者を逮捕 必要な説明せず--県警 /秋田
浄水器虚偽販売詐欺:不起訴不当などの4人を起訴 /岩手
特定商取引法違反:威迫容疑で夫婦逮捕 不安あおり印鑑購入させる--県警 /大分
特定商取引法違反:内容説明なしで工事 容疑で逮捕--県警 /佐賀

「税務上の問題」浮上、相続や納税…相次ぐ疑念 小沢氏の土地購入(産経新聞)
東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走(時事通信)
与党議員PTを設置へ=経産省(時事通信)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)
AD