アルバイト家庭教師β|失敗しない家庭教師バイトの探し方

家庭教師バイトの賢い探し方、バイト登録の際の注意点等を掲載しています。登録しない方がよいセンターの特徴や、危ない登録サイトの見分け方など。


テーマ:
高すぎる時給表記・広告に要注意!


ネットで家庭教師のバイト探しをしていると、(主に広告ですが)びっくりするような高い時給表示を見かけます。

家庭教師バイトの時給相場はこちらに記載 しているとおり、
<首都圏>1422円
<東海圏>1334円
<関西圏>1260円
です。

ところが、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで検索していると

「平均時給2900円の家庭教師」
「時給2000円以上の家庭教師」
「時給2100円から5000円」

などの相場から大きくかけ離れた金額を表示している広告を見かけます。

時給は高い方が良いのですが、「高すぎる」場合は何らかの「からくり」「理由」があると考えた方が良いでしょう。

以下が「高すぎる時給」のからくりです。


1.家庭教師の募集は「釣り案件」で目的は別にある

家庭教師センターの中には、学習塾の求人サイトを運営したり、学習塾への講師派遣を行っている会社が複数社あります。

そのような業者の中には、「時給2500円~3500円」などの広告表記で登録者を集めて、その登録者に(家庭教師の案件紹介は殆どなく)毎日のように塾講師の求人案件を大量に携帯メールに送ってくる迷惑な業者があります。

「東大医学部」など超高学歴の方向けには「時給2500円~3500円」の家庭教師案件は本当にあるので「嘘の広告表記」ではありませんが、殆どの方には縁のない時給表記ですので「誇大表記」といわざるをえないでしょう。

さらに悪質な業者の場合、家庭教師の紹介エリアは首都圏だけ(しかも高学歴者のみ対象)であるにも関わらず、「時給2500円~3500円の家庭教師案件多数」のような広告を首都圏以外の全国で展開している場合もあります。ここまでくると「釣り案件」というよりは、「嘘案件」です。


2.高額教材販売業者

家庭教師の紹介を行っている業者の中には、数十万円~100万円程度の超高額教材を生徒に売りつけている悪質な業者があります。(⇒高額教材業者について

高額教材系業者の場合、家庭教師については「アドバイス契約」となっていて、教材販売だけが生徒宅との契約内容になっていることも多いです。

そのような場合、リスクだけが高い「個人契約」状態となってしまいます。

高額教材販売業者のターゲットは主に中学生です。多くの高額教材系業者は、中学生に対する指導時給を2000円に設定しています。

一見高く見えますが、「実質個人契約」「高リスク」「(強引な営業行為を行っている場合)生徒に迷惑がかかる」「(体験授業などで)高額教材販売に実質加担させられる」などを考えると決して高いとはいえないでしょう。


3.面接さえ行わない業者

家庭教師紹介業者の中には生徒・教師の両者ともに会わない業者が存在します。このような業者は、経費が殆どかからないので、生徒の料金は安く、教師への時給を高く設定して、広告でその点をアピールしています。

広告を見て依頼してきたご家庭からの問い合わせがあると、生徒の面談・教師の面接さえ全く行わずに、ネットで登録してきた人をてきとうに選んで「体験授業」させます。

このような業者は、実質的には「高額な個人契約」といえるでしょう。個人契約の相場は、初期費用0円~2万円で月々の費用(マージン)なしとなっています。

一方で、面接を行わない業者は、(実質的に個人契約であるにも関わらず)毎月1万円程度のマージンをとっています。

にも関わらず、ホームページなどでは「手厚いサポート体制」などのPRを多数掲載しているので、顧客は「サポートが良いのに料金が安い優良業者」だと勘違いして依頼してしまいます。

その結果、顧客は「個人契約以上のサービス・品質」を求めますので、このタイプの業者に関するトラブルはつきません。


<結論>

大学生講師の場合、関東・関西・東海地区の時給は1300円~1800円程度が「まともな派遣会社」が払える限界の時給です。(それ以外の都市は1000円~1600円程度)

これらの相場を大きく上回る時給を設定している業者には上記のような「からくり」があると考えた方がよいでしょう

最近は、多くの方が「一括登録サイト」を利用して講師登録を行っています。「一括登録サイト」の中には「高額教材販売会社」などの悪質業者ばかりを掲載しているサイトがあります。その場合、時給が高く見えますが、その分リスクも高くなりますので注意しましょう。

「一括登録サイト」を利用する場合は、
・高額教材販売会社を一切掲載していない
・審査が厳しくて大手・有名な業者が中心である
家庭教師アルバイト一括登録ナビ 」などのサイトを利用することをおすすめします。