アルバイト家庭教師β|失敗しない家庭教師バイトの探し方

家庭教師バイトの賢い探し方、バイト登録の際の注意点等を掲載しています。登録しない方がよいセンターの特徴や、危ない登録サイトの見分け方など。


テーマ:
家庭教師は短時間で高時給のバイトですので、忙しい大学生におすすめのバイトですが、人気があるために、登録しても依頼がすぐくる場合と来ない場合があります。その違いの理由について以下に解説してみたいと思います。

家庭教師の場合、1社だけにバイトの登録をしても「依頼がまったく来ない」「依頼が来るのに数か月かかった」という話をよく耳にします。その為、家庭教師登録する際には、「家庭教師アルバイト一括登録ナビ 」などのサイトを利用して複数の会社に同時登録するのが、一般的となっています。

同じ大学・同じ学部の学生さんであっても、次々に依頼が来る人と全く来ない人がいます。その違いは?いくつかの観点から分析してみました。


1)需要と供給のバランス
どこの家庭教師会社も、生徒の数に対して登録教師の数を多めに集めます。ぎりぎりで回しますと「良い先生が見つからない」「急な依頼に対応できない」「生徒の要望にあった先生が見つけられない」という問題が発生してしまうからです。生徒の保護者から家庭教師センターの担当者には、先生に関して様々な条件・要望が出されます。

登録している先生(供給)がどんなに多くても、生徒の依頼・要望(需要)に適合した先生が見つからないと、「仲介」「紹介」が成立しないことになってしまいます。家庭教師センターにバイト登録して、依頼がすぐに回ってくるか否かの原因の1つが、この「需要と供給のバランス」の問題です。

・時期の問題
「需要と供給のバランス」は時期によっても違ってきます。年間の中で4~5月は、需要も多くなりますが(新入生が登録してくるので)供給が年間で最も多くなり、需要と供給のバランスが大きく崩れます。一方、秋~冬にかけては登録者も減りますので、登録すると依頼が回ってきやすいシーズンだといえるでしょう。

・場所の問題
一人暮らしや寮など、大学近辺に住んでいる大学生が多いため、家庭教師センターへの登録者も大学の門前町に集中する傾向があります。大学の門前町に住んでいる方の場合、一社だけの登録ですと依頼が来ないケースが多いので複数社に登録することを推奨します。又、登録時のPR文や希望を書く際に十分に注意しましょう。たとえば、大学から徒歩5分程度のエリアに住んでいる学生の方が、登録時の希望で「勤務エリアを自宅から10分以内」などにした場合は、依頼がほとんど来なくなってしまいます。

・性別の問題
家庭教師を依頼する生徒側の男女構成は、ほぼ半々です。一方、家庭教師の登録をする人の割合は圧倒的に男性が多くなっています。特に高校生以上の女子生徒の場合は、ほぼ女性の先生指定です。女性の登録者は男性に比べて依頼が回ってきやすいでしょう。

・科目の問題
「指導できる教科」も依頼が来るか否かに大きく関わってきます。例えば、中学生指導の場合ですと、依頼科目は主に「英語」「数学」2教科になります。私立文系の方を中心に、「英語は教えられるけど数学は・・・」という方が少なくありませんが、このような方には中学生の依頼は回ってきにくいかもしれません。一方、レアな人材は、家庭教師センターに重宝されます。「女性の理系の方」や「生物受験の理系の方」などです。

・学歴の問題
最近、家庭教師センターに生徒からの依頼が増えているのが、「中学受験対策の指導」「医学部受験対策の指導」「中高一貫校の生徒指導」「プロ家庭教師による指導」です。その為、早慶以上の高学歴者・中学受験経験者・医学部生・中高一貫校出身者・プロ家庭教師の方は、登録すると依頼がすぐに来やすいと思われます。


2)PR文が重要
履歴書やネット登録する際の自己PRや自己紹介の書き方が非常に重要です。特に家庭教師のネット登録の場合、就活のエントリーなどと違って、テキトウなプロフィールを書いたり、プロフィールを殆ど書かない人が大変多いようです。家庭教師センターの担当者は何千人もの登録者をチェックする際に、「まじめに指導してくれそうな人とそうでない人」の区別を、自己PRや自己紹介文で判断しています。きちんとした熱意の伝わる自己PR文を書きましょう。

自己PR文を書く際の注意点は、「大学受験」のことばかりを書かない方が良いという事です。大学生の多くは「河合塾の全統記述模試で・・・」「センター試験で・・・」など大学受験時のことばかりPR文に書きますが、「需要と供給のバランス」を考えますと、あまり良いプロフィールではありません。大学受験のことに加えて、中学もしくは高校受験のことなども記載した方がよいでしょう。(記載例:「中学受験の際は、小学4年生からSAPIXに通っていました。SAPIXに行かれている生徒の指導はもちろん、中学受験全般の指導に自信があります・・・)