アルバイト家庭教師β|失敗しない家庭教師バイトの探し方

家庭教師バイトの賢い探し方、バイト登録の際の注意点等を掲載しています。登録しない方がよいセンターの特徴や、危ない登録サイトの見分け方など。


テーマ:
家庭教師派遣会社の種類を大きく分けると「高額教材を売りつける家庭教師会社」と「高額教材を売りつけない家庭教師会社」があります。家庭教師のバイトをされる際は、「高額教材を売りつけない家庭教師会社」に登録することを強くおすすめします

社会問題化していますので多くの方がご存じだと思いますが、家庭教師派遣会社の中には、「先生を紹介」することを口実としてご家庭に接触して、数十万円~100万円程度の高額教材を長期ローンで販売する悪質な会社があります。

昨年、テレビなどで報道された「家庭教師のブラックバイト問題」で度々登場した悪質な会社も「高額教材を売りつける家庭教師会社」でした。

自治体や国の省庁(消費者庁など)も法律を数年おきに変えたり、行政処分を発令するなどして対応していますが、同一業者が様々な屋号や法人名で教材系家庭教師センターを開設しているので(行政処分を受けても別のセンター名で営業を続行する)イタチゴッコが続いています。

行政による「営業停止」などの処分は、消費者センターなどへのクレームの件数が多くなった場合に発令されていますが、このような高額教材系センターは都道府県別に舎弟(?)に法人を作らせて1社当たりの「クレーム件数」を抑えるようにしています。それでも悪質な営業が原因で、1人の舎弟(?)がやっているセンターが行政処分を受けると別の舎弟(?)が別名・別会社でセンターを始めるというイタチゴッコ状態となっています。

家庭教師バイトの登録をする際には、多くの方が「一括登録サイト」を利用しています。家庭教師アルバイトの一括登録サイトの中には「特定の高額教材販売グループ会社にしか登録できないサイト」「登録先の殆どが教材販売系であるサイト」もありますので注意しましょう。そもそも、「特定の高額教材販売グループ会社にしか登録できないサイト」からは、同系列の「教材系センター」以外にはバイトの登録ができませんので、「一括登録」ですらありません。

一括登録サイトの「登録できる家庭教師センター」や「提携家庭教師センター」のページに記載されている家庭教師業者名を確認して、ヤフーやグーグルなどで「○○○○ 教材」などの検索フレーズで検索されることをお奨めします。

もしくは、「家庭教師アルバイト一括登録ナビ 」のような登録できるセンターに教材系が一切含まれていない一括登録サイトを利用することをおすすめします。