ピアコイン)

ピアコインもビットコインの派生なんだとか。

いわゆる国家の関与がない仮想通貨の一種です。

ピアコインの特徴は、最大発行量に制限ないことなんだとか。

発行量の増加はコントロールされているみたいですが、最終的にはどこまでも増えていくんだそうです。

ビットコインとの違いですね。





天河石)

緑から青緑色の宝石です。

古代エジプトで宝石として利用されてたそうです。

天河石はアマゾナイトとも呼ばれ、青緑色の微斜長石です。

微斜長石は、火成岩や変成岩に含まれる造岩鉱物です。

緑青色の強い天河石は翡翠に類似します。

一方で空青色の強い天河石はトルコ石の色に類似します。





コーヒーの先物)

先物商品の中でも安定した商品と知られるのがコーヒーです。

コーヒーには、レギュラーコーヒーとして使われる「アラビカコーヒー」があります。

また、インスタントコーヒー、缶コーヒーなどに使用される「ロブスタコーヒー」もあります。

コーヒーはアメリカでの消費が多いため、アメリカ経済の影響を受け安いようです。





容積率)

容積率が高いか低いかでそこに立てられる建物の大きさが違ってきます。

なぜなら敷地面積に対する建築物の延べ床面積の割合である容積率は、土地によって決められているからです。

通常は商業地では容積率が高く、住宅地では容積率が低く設定されていることが多いです。






十二銭切手の航研機 )

市内封書速達便用の12銭切手として1939年に発行された切手です。

東京帝国大学航空研究所の設計で、世界記録を樹立した実験機が図案です。

この機は戦後まで保存されていたものの、戦後に軍用機とみなされて破棄されました。

切手のほうも戦後の逓信省令で使用が止められてしまい、姿を消したのでした。


貴金属や投資のことをボソッ

AD
オーロラコイン)

ライトコインがベースの電子通貨です。

全コイン量の半分をなんと「アイスランドの全国民に配布する」んだとか。

ものすごく気前のいい話ですね。

ちなみに、アイスランドの金融破たんの混乱がきっかけとなって、登場した仮想通貨なんだとか。

そういう背景があるからこそなんでしょうかね。






砂金石)

内部反射によりキラキラと閃光を発する鉱石です。

インド翡翠とも呼ばれますが、これは主産地がインドで見た目が翡翠に似ているからです。

石英のなかに雲母、ヘマタイトやゲーサイトなどの細鱗状の微粒子の結晶を包有しているんだとか。



アベンチュリンクオーツと呼ばれる宝石の一つです。





小豆の先物)

小豆の主な需要は、餡ですね。

和菓子などに使用する餡を作るのに使用します。

産地は国内が中心なのでほかの先物とはちょっと違った感じかもしれません。

北海道が主な産地となることから、北海道に住んでいる方には投資しやすいのかもしれません。

情報収集が身近で済みそうですからね。





建ぺい率)

都市計画図で確認できる土地の情報に建ぺい率があります。

これは、その土地で敷地のうち建物にできる割合を示したものです。

意外かもしれませんが、土地全てをめいいっぱい建物で埋め尽くすことはできません。

用途地域ごとに建ぺい率が決まっていて、その中でのみ建物を建てらるというものなので、不動産投資では知っておきたい用語です。





金剛山の七銭切手)

戦後の逓信省令で姿を消した1939年から発行の切手の一つです。

漢字では金剛山ですが、クムガンサンと呼ばれる朝鮮半島の名山です。

新羅時代より仏教が盛んだったそうです。

しかし朝鮮戦争の結果、残念なことに多くの文化財が破壊されたんだとか。

残っていたら、今以上の観光名所があったんでしょうね。



まあまあ参考になったかなこんな情報と話題。習い事選び。用語の解説。たとえば習い事の用語解説の情報が参考になるかも。習い事や習い事選びに関係する用語を解説しています。


貴金属や投資のことをボソッ

AD
ライトコイン)

ライトコインはピアツーピアのインターネット通貨と説明されています。

ビットコインの派生とも位置づけられ知られています。

ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができる仕組みです。

ビットコインより採掘に必要な機材が少ないという特徴があるそうです。





アパタイト)

黄、緑、青、紫、無色と様々な色のものがある宝石です。

モース硬度5とそれほど硬くないので宝飾品にはあまり向かないようです。

でもめったにとることができないようですが、透明で大きく色の美しいものは宝石となります。

産地としては、ミャンマー、スリランカ、ブラジル、マダガスカルなどが有名です。






大豆の先物)

日本人の生活の中で大豆はかなり中心的な存在です。

しょうゆとみそ、納豆、とうふなど大豆製品を日本人は大好きです。

しかし需要面では基本的過ぎて景気の影響はほとんど受けないみたいです。

逆に供給はアメリカが主体になり、気候などの影響で変動しがちです。

そのため価格的には供給側の要因が強いです。





中国の不動産バブル)

中国では個人が住宅を取得できるようになったのは最近のようです。

1990年の法整備によるそうです。

そのためか、この後不動産ラッシュが大都市を中心に起こりました。

右肩上がりで中国の不動産業界は成長を続けました。

そして住宅価格の高騰が大きな社会問題へと発展していったのでした。






梅花模様の十円切手)

松竹梅とか、梅干しとか、家紋のデザインとしても多いですし、梅って日本人に身近な植物です。

それだけに梅がデザインとなった切手は親しみやすい感じがします。

物珍しさがないのは、デザインとしては珍しいんじゃないでしょうか。

とっても当時では金額的にあまり目にすることのない切手だったかもしれないです。



なかなか気になる話題と情報です。車購入時の値引き交渉で失敗しない。そして愛車の下取り査定でも間違えない。それが今の車の買い方。査定比べが簡単になったりしてます。交渉頼りのイプサム値引きと愛車下取りを見直すの方法が、イプサムを買うために見逃せないと思う。


貴金属や投資のことをボソッ

AD