破壊と再生

テーマ:

ここ数年いろんなものが壊れていって

止どまるところを知らない感じ

 

 

この前のブログかなり反響があってビックリしたけど

基本私はとてもココロの波が激しい人だから

一人の時ってかなり闇の方へいっちゃってたりする

 

それ故音楽なんてやってるんだろうけどね

 

真っ暗闇が深いからこそ

光を求めて音楽が湧き出て来たりとか

表に出て行くと強烈な光が出たりするのかも知れない

 

これまで本当に何度も何度も

壊れては創り、壊れては創り

それはいつ終わるんだろうかと思うくらいに

でもそれが自然の摂理なんだろうなとも思う

 

でも何かが壊れる痛みって

何度経験してもそれはイタイもの

でも再生の喜びがあるのは確かだね

 

作り物の自分らしさをやめようと思ったら

なんだかわけわかんなくなっちゃったから

わかんないまま、それでも進むしかないなと思う

 

多分これまでも今もこれからも

私であることには間違いないからね

 

それにしてもことあるごとに強制脱皮状態で

正直きついなぁ…

 

でもそういう私も受け入れる

見たくなくてもちゃんと見てあげる

自分のために

 

そんな生き様見せることぐらいしか

今の私にはできないけど

それでもそれが何かの役に立つなら本望

 

いろいろやってたモニターはもう終了して

本格始動にします

もうやっていいかなと思ったから

 

もう強がるのはやめて

怖いよー怖いよーとか言いながら

それでも他の人が行けなかったような道を

進んでいくんでしょう

 

それが多分

私の生きて行く、ということ

 

愛してる

AD