警察庁は9日、全国首席監察官会議を開いた。安藤隆春長官は訓示で、不祥事防止を掲げた00年の警察改革要綱策定から10年となることに言及し、「改革の原点に立ち返り、非違事案の絶無を期すべく取り組みを強化してほしい」と述べた。

 安藤長官はわいせつ事件など被害者を生む警察官の不祥事が発生していることは「極めて遺憾」とし、「特に被害者のある非違事案には、これまで以上に厳しい姿勢で臨んでほしい」と指示した。

【関連ニュース】
警察庁長官銃撃事件:アレフが都公安委に苦情申し立て
立教大生殺害:警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める
警察庁:電車内での痴漢取り締まり強化
警察庁長官:「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議
警察庁長官狙撃:「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長

<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)
1人2200万円で決着へ=9日にも最終解決案-JR不採用問題(時事通信)
鳥取市長選、竹内功氏の3選確実(読売新聞)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)
AD