平成13年に11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会が元明石署副署長について業務上過失致死傷罪で起訴議決したことを受け、神戸地裁が検察官役として選任した指定弁護士3人が25日、遺族と面会した。遺族は面会の際、事故当日の状況の再検証や遺族からの被害状況についての事情聴取など、補充捜査に関する要望をまとめた申入書を手渡した。

 遺族らは起訴議決前の昨年10月、検察審査会に意見陳述を要請。実現しなかったが、指定弁護士は「被害者の思いを捜査の原動力にする」として、遺族との直接面会することを決めていた。

 この日、指定弁護士3人と面会したのは、遺族7人と遺族側の弁護士3人。遺族らは指定弁護士に約1時間にわたって強制起訴への思いを語った後、申入書を手渡した。

 面会後、事故で次男を亡くした下村誠治さん(51)は「指定弁護士の熱意を感じた。焦らずにゆっくりと時間をかけて、有罪をもぎとれるだけの証拠を集めてから起訴してほしいと伝えた」と話した。

【関連記事】
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談
神戸地検が可視化の機材貸出へ 明石歩道橋事故で 
明石歩道橋事故 指定弁護士に執務室など提供
明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任
弁護士会に「検察官役」推薦を依頼 明石歩道橋事故で地裁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

米国製「抱っこひも」、窒息死事故受け回収 福岡の輸入会社(産経新聞)
雑記帳 松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
社民党よ、どっち向く? 新社会党と連携/同意人事には賛成(産経新聞)
木工工場から出火、作業所や民家など7棟焼く(読売新聞)
AD