2008-07-09 19:38:03

ウォーターフォールグラフ(waterfall)

テーマ:Excel

使う機会がないのですが、とりあえず。

ウォーターフォールなグラフです。






一番左の棒が全体を表していて、そこから右の棒が滝のように徐々に落ちて行くイメージのグラフで、全体の構成を表しています。


このグラフは先の階段グラフと同じで、積み上げ棒グラフを使用しています。
なので、表の作り方がすべてです。





この表では、グレーのセルに数値を入力します。
(グレーの部分がグラフ化される)


セル(B3:B7)には数式が入っています。ただの引き算です。




この表は全体が100なので、


B3 = B2 - C3 → 100 - 20 = 80


以下オートフィルでずるる、といく。 これで表が完成です。


※ちなみに、C2とC7はブランクです。


--------------------
■ グラフを作る ■
--------------------

続いて、グラフを作成します。


■1.表全体を選択します。

■2.積み上げ縦棒を選択してグラフを作ります。

■3.グラフを整えます。




グラフオプション:


・軸→Y/数値軸(V) チェックOFF
・目盛線→Y/数値軸、目盛線(O) チェックOFF
・データラベル→ラベルの内容:値 チェックON


プロットエリアの書式設定:



・輪郭 なし
・領域 なし


データ系列の書式設定:



・棒の間隔(W) 50


データラベル:



・系列"値"の要素1~4の値ラベル削除
・系列"値"の配置→ラベルの位置 内側上


データ要素の書式設定:



・系列"値"の要素1~4のパターン→輪郭、領域 なし
・要素5の棒の色を要素1と合わせる


これで完成です。



-----■ 参考 ■-----
逆ウォーターフォールもどき階段グラフ

世に言う?階段グラフ。公定歩合みたいな?!
PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード