埼玉県飯能市の山中に犬や猫の死骸(しがい)が遺棄された事件で、埼玉県警は27日、火葬すると偽って現金をだまし取ったとして、ペット葬儀業の元同県三芳町議、阿部忍容疑者(71)=廃棄物処理法違反容疑で逮捕=を詐欺容疑で再逮捕した。

 容疑は2月18日、飼い犬の火葬を依頼してきた同県戸田市の男性会社員(56)に「火葬して遺骨を返す」とうそを言い別の犬の骨を返し、1万5000円をだまし取ったとしている。容疑を認めているという。県警によると、阿部容疑者は87年ごろ葬儀業を開業。8000~6万円で葬儀と火葬を請け負い、月50~60件の依頼があったという。調べに対し「同業者との価格競争で赤字になった。利益を上げるため、00年ごろから捨て始めた」と供述。200匹以上捨てたとみて調べている。

 一方、さいたま地検川越支部は27日、阿部容疑者を廃棄物処理法違反の罪で起訴した。【町田結子、飼手勇介】

【関連ニュース】
ペット投棄:「被害者の会」発足 埼玉・三芳町で初会合
動物死骸:新たに頭骨発見 計180匹に 別の場所も捜索
動物死骸:葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警
動物死骸:埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い
動物死骸:犬や猫100匹…ペット葬儀業者が不法投棄か

トキ、3個目の卵も捨てる もう1組に期待(産経新聞)
ユニットコム、日本橋活性化キャラ「音々ちゃん」のネットブック、音声も収録
犯罪死「見逃し」39件=12年間、時効1件-誤認の大半、検死官臨場なし・警察庁(時事通信)
帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」(読売新聞)
<常磐線>特急と軽トラック衝突、運転手重傷 茨城・日立(毎日新聞)
AD