†sadistic†~Ⅹ~

XJAPANのUNOFFICIAL BLOGです☆
メンバーのこと、LIVEレポなど書いています。

*当サイトにおける、画像などの持ち出しお断り致します。

お持ち帰りになりたい方はご連絡ください。

また、当サイトにおける記事などの商的利用もお断り致します。

またファンの方なら、読者登録随時受付中!!!お気軽にどおぞ☆


いち早いLIVEレポをinstagramで更新中!!

よろしければどうぞ★

xxhizumixx




NEW !
テーマ:
サエキけんぞうのコアトークvol.86
「追悼デヴィッド・ボウイ」

新宿LOFT
OPEN 18:15 / START 19:00
前売¥2,500/当日¥2,800(飲食代別・要1オーダー)

【出演】
SUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)
高橋靖子(スタイリスト)
吉村栄一(評伝デヴィッド・ボウイ著者)
ライブ・ゲスト:DIE(Ex:hide with Spread Beaver)
DJ:niu,keko
【司会&プロデュース】
サエキけんぞう
詳しくは↓
チケットは↓

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
hide オフィシャルカレンダー2018発売決定!

{E4D2EFFC-FDCC-4CA4-9CA7-4995404C9329}



hideが愛した数々の”映画”のポスターをオマージュし、キャラクターに扮したhideのスタジオフォトが満載のA2ビックサイズ壁掛けカレンダーをご用意しました。

今回は、表紙+2018年12ヶ月分に加え、2017年12月のカレンダーも含めた豪華14枚つづり。
お求めいただたその日からお使いいただけます!
インテリアとしてはもちろん、予定も沢山書き込めるので、使い易さも抜群です。

各hideオフィシャルサイト & LEMONeD SHOP各店にてお買い求めいただけるほか、12月10日(日)開催『hide Birthday Party 2017』会場での特別販売も決定!
どこよりも早くお求めいただけます!
なお、「hide Birthday Party 2017」会場購入特典で、hideオリジナル缶バッジをプレゼントします。
※特典は数に限りがございますので、先着とさせていただきます。

<商品名>hide official calendar 2018
<価格> ¥3,500(税込/送料込)
<仕様> 壁掛けタイプ
・全14ページ(表紙/2017年12月/2018年12ヶ月)
・サイズ A2サイズ (W420mm x H594mm)
・タンザック製本/コート紙
数量限定商品ですので、お早めにご利用ください!
詳しくは↓


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心が穏やかになる年末は、独創的なSUGIZO音楽がおすすめ/週末エンタメ

 
 日本音楽界をけん引するロックバンド、LUNA SEAやX JAPANのギタリスト、SUGIZOが、11月29日にソロデビュー20周年記念アルバム「ONENESS M」を発売する。


「調和」という意味を持つタイトル通り、英テクノユニット、ジュノ・リアクターのメンバーでバイオリニストでもあるSUGIZOが、クラシックやロック、エレクトロ、ブラック系など音楽のジャンルを超越して完成させた多種多彩な10曲が収録されている。

 SUGIZOの挑戦を支えたのが、「音楽的にも人間的にもリスペクトできる人たち」という豪華ボーカリスト10人だ。まずは所属バンド、LUNA SEAのRYUICHIとの「永遠」。宇宙へ昇天していく姿が彷彿とさせる壮大な歌詞とギターとボーカルのぶつかり合いが印象的な8分超の大作だ。X JAPANのToshlとの「PHOENIX~HINOTORI~」では、2人の人生を投影して自分の意志で人生は切り開くことができるという思いが込められている。

 ほかにも、GLAY・TERUとの「巡り逢えるなら」、辻仁成との「感情漂流」、清春との「VOICE」などどれもSUGIZOが歌い手の生き方や声質などを感じるがままに楽曲に反映させ、それにボーカリストたちが刺激的なスパイスを与えて“十人十色”に仕上げた。そんな渾身作にSUGIZOは「20周年という節目でしかできない、自分の中では特別な企画物になった」と胸を張る。

 SUGIZO音楽の魅力は、人間の喜怒哀楽や再生と破壊、死生観などをリアリティーに再現している旋律に尽きるが、その独創的な音楽がさらに楽しめるのが、照明や映像などあらゆる視覚的要素を加えて表現していくパフォーマンスだ。まるでミュージカルのような物語が感じ取れたり、楽曲の色や情景が自然と浮かび上がってくる。

 SUGIZOも「ライブという形態が一番僕から生まれてくる音楽の本来の姿、形を感じてもらえる場所」と言い切る。

l詳しくは↓

サンスポ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

X JAPAN YOSHIKI「サメのようで素敵、野性的な感じ」…アストンマーティン ヴァンテージ 新型の評価

アストンマーティンは新型『ヴァンテージ』を全世界6か国で同時ローンチ。日本ではアストンマーティン東京ショールームにて行われ、サプライズゲストとしてX JAPANのYOSHIKI氏も登場した。




◇セカンドセンチュリープランの2台目

アストンマーティン史上最大のベストセラーといわれるヴァンテージ。その名称は1951年に『DB2』に高性能エンジンを搭載したクルマが最初だ。その後、『DB4』、『DB5』、『DB6』、『DBS』などの高性能バージョンに名付けられて来ており、「約70年間にわたりヴァンテージはアストンマーティンの最も純粋なスポーツカーとしてその鼓動を刻み続けてきた」とは、アストンマーティンラゴンダリミテッド車両エンジニアリングチーフエンジニアのマット・ベッカー氏の弁。そして、「スリリングなパフォーマンスと、時代を超えて愛される魅力で何世代にもわたって築き上げた評価は垂涎の的だ。それを熱望し、手に入れた喜びは計り知れない」とコメントする。

新型ヴァンテージは、アストンマーティンが進める中期経営計画、“セカンドセンチュリープラン”のもとで誕生したクルマだ。このセカンドセンチュリープランは2015年のジュネーブモーターショーで発表され、7年間で7つのニューモデルを計画。ヴァンテージは『DB11』に続く2台目のクルマとなる。

ベッカー氏は、「セカンドセンチュリープランは思い切った計画だが、現在順調に進行中で、DB11もとても好調なスタートを切っている」と述べる。その結果、「アストンマーティンは今年、すでに黒字転換を実現。ニューヴァンテージはこの成功に更なる躍進をもたらしてくれるだろう」と期待を語る。

◇獰猛、狂暴さを感じさせるエクステリア

「サメのようで素敵だ。野性的な感じがする」とYOSHIKI氏がコメントするヴァンテージのエクステリアは、サーキット専用車の『ヴァルカン』からインスピレーションを得ており、「このクルマを目にしたときに心に浮かぶ言葉は、“獰猛”、あるいは“狂暴”で、この言葉がヴァンテージの全てを表現している」とベッカー氏はいう。

そのデザインは、「過去のヴァンテージと比較しても更にシャープな印象を与える」とし、「アスリート、あるいはまるで肉食獣をも思わせるスタンスをはじめ、サイドストレーキははボディのサーフェス、リアデッキリッドの流れるような上向きの曲線、そして大きなリアデフューザーとの統一感を醸し出している」と説明。

「これらは全て高度に機能をも追求したものであり、ヴァンテージを操るドライバーに高揚感を与える」という。また、「新しいヘッドライトとテールライトにより、路上では見まごうことなきヴァンテージと一目でわかるルックスを実現している」と述べる。

◇現在最終仕上げ中

ヴァンテージに搭載されるエンジンは、メルセデスAMGから提供された4リットルV8ツインターボが搭載され、最大出力は510ps、最大トルクは685Nmを発揮し、ZF製8速オートマチックが組み合わされる。また、走行モードはSport、Sport+、Trackが選べる。

その性能は、0-100km/hを3.7秒、最高速は314km/hと発表された。

ベッカー氏によると、「目下シャシー開発の最後の仕上げ、味付けの作業をチームメンバーと共に推進している。そのドライビングはまさにセンセーショナルなものだ」とその仕上がりに自信を見せた。

価格は1980万円(税抜き)で2018年第2四半期からデリバリーが開始される予定である。

詳しくは↓

Response

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
SUGIZO 20周年記念フィーチャリング・アルバム『ONENESS M』より
「巡り逢えるなら feat. TERU」LAWSON店
内放送決定全国のLAWSON店舗にて!

全国のLAWSON店舗にて2017年11月21日(火)~27日(月)の期間、
11月29日リリース SUGIZO 20周年記念フィーチャリング・アルバム『ONENESS M』より
「巡り逢えるなら feat. TERU」の店内放送が決定いたしました。

是非聴きにLAWSONへお立ち寄りください

詳しくは↓

SUGIZO OFFICIAL

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
SUGIZO、ツアー最終日のスペシャルゲストにToshl、RYUICHI、清春が決定

SUGIZOがソロ活動20周年を記念したオリジナルアルバム『ONENESS M』のリリースを前に、11月19日、宮城・石巻BLUE RESISTANCEにてライヴツアー<SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth>をスタートさせた。


SUGIZOがツアー初日に選んだ石巻は、東日本大震災直後に泥かきや瓦礫の撤収などボランティアスタッフのリーダーとして地元の人々と共に活動し、その後何度も訪れている特別な地。会場のBLUE RESISTANCEは、2015年にX JAPANで初めてライヴを行ない、16年にはソロとしても念願叶ってステージに立った思い入れのあるライヴハウスだ。

アンコール後のMCで「SUGIZOの大切な第二の故郷に戻って参りました。寒い中どうもありがとう。この場所から20周年を記念するすごく大切なツアーを始めることができて、泣きたいほどうれしいです。本当にありがとう……」と語ったSUGIZOは、ツアーファイナルとなる12月6日の東京・Zepp Tokyo公演のスペシャルゲストとして、Toshl、RYUICHI、清春の出演を発表した。多彩なゲスト・ヴォーカリストを迎えたフィーチャリング・アルバム『ONENESS M』に参加している三者との、一夜限りのコラボレーションがツアーファイナルで実現することになる。

アルバム『ONENESS M』は11月29日にリリース。明後日11月22日には、<SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth>名古屋公演が行なわれる。

Photo by Keiko TANABE

■ソロデビュー20周年記念オリジナルアルバム『ONENESS M』
2017年11月29日発売
【初回限定盤 (2CD[SHM-CD]+Photo Book+三方背ケース)】UICZ-9099 ¥10,000(税抜)
・CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
・CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム『ONENESS M INSTRUMENTAL』
・Photo Book:約100P
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
▼特典I
・Art Photobook B5サイズ
・撮り下ろし写真集
・ライナーノーツ
・ロングインタビュー
・全曲解説
・参加アーティストコメント
・レコーディング使用全機材リスト
▼特典II
Bonus Disc「ONENESS M INSTRUMENTAL」

【通常盤 (1CD)】UICZ-4411 ¥3,000(税抜)
・CD (SHM-CD):フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
01.永遠 feat. RYUICHI
02.Daniela feat. Yoohei Kawakami
03.絶彩 feat. 京
04.Rebellmusik feat. K Dub Shine
05.巡り逢えるなら feat. TERU
06.PHOENIX ~HINOTORI~ feat. Toshl
07.Garcia feat. TOSHI-LOW
08.感情漂流 feat. 辻仁成
09.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE

■アルバム『ONENESS M』リリースイベント
11月19日 (日) 石巻BLUE RESISTANCE ※ライヴ終演後プレミアムサイン会
11月22日 (水) 名古屋Electric Lady Land ※ライヴ終演後プレミアムサイン会
11月23日 (木) 大阪ESAKA MUSE ※ライヴ終演後プレミアムサイン会
11月24日 (金) タワーレコード梅田NU茶屋町店 ※トーク・セッション&サイン会
11月25日 (土) 柏PALOOZA ※ライヴ終演後プレミアムサイン会
12月03日 (日) HMV&BOOKS TOKYO ※トーク・セッション&サイン会
12月06日 (水) Zepp Tokyo ※ライヴ終演後プレミアムサイン会
▼プレミアムサイン会詳細
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event/
▼トークセッション&サイン会詳細
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event02/

■<SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth>
11月19日(日) 石巻 BLUE RESISTANCE
Open 16:30 / Start 17:00
11月22日(水) 名古屋 Electric Lady Land
Open 18:00 / Start 18:30
11月23日(木・祝) 大阪 ESAKA MUSE
Open 16:30 / Start 17:00
11月25日(土) 柏 PALOOZA
Open 16:30 / Start 17:00
12月06日(水) 東京 Zepp Tokyo
Open 17:30 / Start 18:30
▼チケット
前売り7,000円(税込)ドリンク代別
一般発売日:2017年9月2日(土)より順次全国一斉発売
http://sugizo.com/2017tour//index.html
詳しくは↓
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)