【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日午後4時8分、小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ探査機「はやぶさ」が地球帰還前に切り離したカプセルを、ウーメラ砂漠の想定域内で回収したと発表した。カプセルには、イトカワの岩石などが入っていると期待されている。JAXAによると、破損などは確認されていないという。カプセルは18日、日本へ到着する予定。

カプセルの日本到着後、JAXAは宇宙科学研究所(相模原市中央区)で1~数カ月かけてX線などを使い内部を調べる。「太陽系の化石」と呼ばれる小惑星は、地球などのように熱による変化を受けていない。このため、分析することで46億年前の太陽系誕生当時の特徴や進化の過程が分かるとされる。

【関連ニュース】
はやぶさ:カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地
はやぶさ:任務完了…JAXA教授「神がかり的だった」
はやぶさ:世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認
はやぶさ:「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る
はやぶさ:カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊

私大入学者納付金、131万円=09年度、過去最高に―文科省(時事通信)
「菅効果」V字回復、熱気の両院議員総会(読売新聞)
誰だ!児童栽培のプチトマト30鉢、ため池に(読売新聞)
みんなの党、参院比例に吉田鈴香氏を公認(産経新聞)
JOGMEC、米リチウム鉱床権益獲得(産経新聞)
AD