【カトマンズ、ビナヤ・グルアチャリャ】ネパールと中国にまたがる世界最高峰、エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)で22日、二つの世界記録が生まれた。米国人の13歳の少年が中国側からの登頂に成功。これまで16歳だった最年少登頂記録を破った。また、ネパール人の50歳の山岳ガイドの男性がネパール側から世界最多の20回目の登頂を果たした。

 ネパール政府当局によると、少年は米カリフォルニア州のジョーダン・ロメロさんで、父親らと登り始め、22日朝に頂上に到達した。AP通信によると、ロメロさんは頂上から衛星電話を使って米国にいる母親に電話し、「僕は今世界で最も高い場所にいる」と連絡してきたという。

 一方、これとは別に20回目の登頂に成功したアパ・シェルパさんは1990年の初登頂以来、いずれも無事故登頂。同行の仲間とともに08年から続けている登山道沿いのゴミ拾いをしながら下山する予定だ。

「維持員席」調達に74万円=2席分、親方側支払い―名古屋場所、暴力団観戦(時事通信)
宮崎9市町長、口蹄疫ワクチンに同意せず(読売新聞)
橋下知事、市議補選圧勝で平松市長を遠隔批判(読売新聞)
警官の免職処分「妥当でない」=停職に修正、勤務復帰へ―高知県人事委(時事通信)
殺人罪の適用認めず=裁判員裁判で初―傷害致死罪適用・水戸地裁(時事通信)
AD