自民党の谷垣禎一総裁は14日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地取引を巡り同党内から小沢氏に説明を求める声が出ないことについて「物言えば唇寒しという心境ではないか」と皮肉った。石破茂政調会長も会見で、東京地検特捜部の任意聴取に小沢氏が応じていないことについて「公党の幹事長としてあるまじきことだ」と批判した。

 自民党は14日に開いた「小沢幹事長政治資金問題勉強会」に東京地検特捜部に事情聴取された石川知裕衆院議員の元私設秘書を招いて意見聴取。出席議員から「民主党内から説明すべきだという声がまったくあがらないのは党の体質の問題」などの批判が相次いだ。【田所柳子】

【関連ニュース】
自民党:谷垣総裁が元首相3人に新年あいさつ 助言受ける
谷垣自民総裁:伊勢神宮を参拝「現政権の問題点追及」
谷垣・自民党総裁:消費税言及なし 政府姿勢を批判
鳩山首相:普天間移設完了期限「動かさない」 谷垣総裁に
自民党:二階氏の役職辞任、谷垣総裁が了承

三笠宮寛仁さまが入院(時事通信)
事故米転売「浅井」、社長と会社に有罪判決(読売新聞)
成人の日、趣向凝らし門出祝福(産経新聞)
【科学】WAVE 国内最大イトウ生息地 猿払川流域を保全区に(産経新聞)
「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)
AD