厚生労働省の東北厚生局(仙台市)が、情報公開法に基づき07年に開示した行政文書の一部を改ざんし記述を削除していた問題で、長妻昭厚労相は11日の閣議後会見で「(毎日新聞の)報道の通りだとすると問題。事実関係や背景を調査するよう指示した。遅くとも今月中に結果を発表する」と述べた。

 改ざんされていたのは、同局が06年11月、福島県郡山市の医療専門学校に対して行った実地調査結果。「未承認のカリキュラムで行っていたため、学則上での授業時間の不足が生じることになる」などとの記載が消されていた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
口蹄疫:雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相
B型肝炎訴訟:長妻厚労相が原告団と面談 被害実態聞く
高額療養費制度:改善を…厚労相に要望書提出
長妻厚労相:「子ども手当満額断念」
事業仕分け:厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言

口蹄疫飛び火 総力挙げて拡大防止せよ(産経新聞)
<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
<雑記帳>アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
学校うざいなら、ぶち壊せ…娘教唆容疑で母逮捕(読売新聞)
<国会>会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
AD