国の名勝、平安神宮(京都市左京区)の神苑が4日無料公開され、観光客や市民らは咲き始めたハナショウブの鑑賞を楽しんだ。

 神苑は約3万3千平方メートルの池泉回遊式で、明治時代を代表する日本庭園。白虎(びゃっこ)池のある西神苑には約2千株の紫や白のハナショウブが3分咲きとなり、朝早くから大勢の人たちが美しく彩られた庭園を散策した。京都市伏見区の主婦、植田和子さん(61)は「心が安らぎます。特に紫の花は高貴な色で平安神宮にふさわしいですね」と話していた。

 平安神宮によると、今月中旬までが見ごろ。5日以降は有料。神苑は毎年6、9月に各1日無料公開される。

【関連記事】
平安神宮で京都薪能 1500人が伝統芸能堪能
京都・祇園甲部で「都をどり」大ざらえ
車窓から眺める夜の京都はいかが? 「観光よるバス」運行へ
秋の都大路、優雅な歴史絵巻 京都で時代祭始まる
小野小町の沓を復元新調 京都・時代祭

野口さん、地球に帰還へ=5カ月半滞在、ソユーズで―カザフスタン中央部(時事通信)
搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く(読売新聞)
阿久根市長は「いささか行き過ぎ」…鹿児島知事(読売新聞)
首相・小沢氏らの会談まもなく(産経新聞)
民主代表選 菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)
AD