東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の高速道路4社は6日、ゴールデンウイーク(GW)期間(4月28日~5月5日)の高速道路の交通状況を発表した。10キロ以上の渋滞回数が408回(昨年402回)、30キロ以上が53回(同58回)に上るなど、「休日上限1000円」割引の実施で利用者が大幅に増えた昨年並みの大混雑となった。
 期間中の1日平均交通量で見ると、東京湾アクアラインの川崎浮島ジャンクション(JCT)-海ほたるパーキングエリア(PA)の区間(神奈川県、千葉県)が前年比14%増加。昨年8月に始まった通行料の800円への値下げなどが影響したとみられる。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超
GW、新幹線利用3年ぶり増=JR東海
燃えさかる炎、爆発音も=「真っ黒い煙20~30メートル」

普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
故鳩山一郎氏の墓に黄色い塗料=首相の祖父、谷中霊園-東京(時事通信)
水上バイク事故 3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
徳之島移転「距離的に無理」米高官が自民議員に(読売新聞)
「常勤医いない…」テレビで窮状知り、免許ないのに手助け志願(産経新聞)
AD