「動脈列島」などで知られる作家の清水一行(しみず・いっこう、本名和幸=かずゆき)さんが15日午後5時ごろ、老衰のため東京都千代田区の病院で死去した。79歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻美恵(みえ)さん。
 週刊誌記者などを経て、1966年、証券界の内幕を描いた「小説兜町(しま)」でデビュー。戦後の日本経済や企業を題材にした経済小説やミステリーで人気を集めた。新幹線の騒音公害に敵意を持つ犯人と捜査当局の攻防を描いた74年の「動脈列島」で日本推理作家協会賞。ほかに「虚業集団」「首都圏銀行」「重役室」など。 

【関連ニュース】
西島大氏死去(劇作家)
小出保子さん死去(絵本作家)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去

海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ-神奈川県(時事通信)
追加経済対策の進言に理解=「しっかり手を打つことは大事」-首相(時事通信)
普天間、首相「自分の意思示す時期ではない」 23日の普天間関係閣僚との協議(産経新聞)
「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で-民放連(時事通信)
<派遣法改正案>「事前面接」解禁は見送り 基本政策閣僚委(毎日新聞)
AD