捜査書類を自宅に隠したとして、愛知県警は15日、刈谷署地域課の男性巡査長(59)を公用文書毀棄(きき)と証拠隠滅の疑いで名古屋地検に書類送検するとともに、停職6カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。

 送検容疑は06年2月~09年2月に計19回、盗難品の返還手続きに関する書類45通を勤務先の警察署から自宅に持ち帰って隠したほか、08年10月に盗難品のオートバイのナンバープレート1枚を自宅に隠したとしている。

 県警監察官室によると、巡査長は97年5月~09年2月、同様の書類計104通と証拠品4点を自宅に持ち帰って隠していた。巡査長は「書類を完成させるのが煩わしかった」と釈明しているという。

 09年4月に刈谷署の業務点検で、窃盗事件の書類が提出されていないことが発覚。巡査長の自宅などを調べたところ、隠した書類などが見つかったという。原山進警務部長は「再発防止に努めたい」とのコメントを発表した。【秋山信一】

【関連ニュース】
留置管理係:容疑者にカップラーメン提供、懲戒処分に
福島県警:男性警部補を停職処分 暴力団員から借金など
盗撮:容疑で神奈川県警警部補を逮捕 公用の携帯電話使う
パトカー:現場へ走行中の2台が衝突、警官4人けが…大分
交通事故:茨城県警パトカーが小4女児はねる 左足骨折の重傷

<通常国会>18日召集 閣議決定(毎日新聞)
都教委が土曜授業を認める通知 「公開授業」条件に上限月2回(産経新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)
落語家の春風亭栄橋さん死去(時事通信)
AD