一路順風 沖縄の心理セラピスト 松本美奈子のblog

本当の意味で「自分」と仲直りするために・・・・

今日もおいでいただきありがとうございます!



沖縄 思い込みを取っ払う!

リトリーブサイコセラピー心理セラピストの

松本美奈子です!




心理研究家で、名トレーナーでもある


カズ姐さん
(大鶴和江)に師事。


現在は講師、アシスタントとして
カズ姐さんのNLP心理セラピー講座に
参加、

沖縄を拠点に、心理セラピストとして活動中。



カギ読んでみてほしい記事カギ


笑顔のワケ(本当の心)
ダイエットにまつわる心理
・リフレイン(心配なことが続くときの行動パターン)
居心地の良い空間作り(人との関わり方)
思いがけないメッセージ(身体からの声)
親子関係って、それこそ親子の数ほどにありますの
シンジでアスカな私達~エヴァキャラをNLP的に考察する~
親を理想化する子どもたち(シリーズ)
母の呪縛からの解放~銀河鉄道999より~
世代間連鎖~母をたずねて三千里より~


NEW !
テーマ:

こんばんは、

沖縄出身、あちこちで活動している

リトリーブサイコセラピー  ®心理セラピストの

松本美奈子です。

 

すやすや

 

最近は夜にブログを書くことが多いようです。

(他人事か)

やっぱりウチナーンチュ、夜型人間です。

 

今日は自宅の漫画棚、CD棚を片付けてました。

もう数えるのも嫌なくらいたくさんあります。

心の様子は部屋に現れる

まさに乱七八糟(めちゃくちゃ、乱れに乱れている)、

集めまくった嫌げものを捨てるべく朝から格闘。

 

 

するとCD棚の奥から、懐かしいアルバムが出てきました。

小田和正さんのアルバムで、シングル集のような感じ。

最近もベスト集が出てるくらいなので、同じ曲ばかりを

集めているような感じなのですが、ファンなのでつい。

 

んで車で聴こうと思ってセット。

時代は90年代、そうあの、ファンにとっては名曲

「ラブストーリーは突然に」が入ってる。

 

しかし、いつもとは違った。

 

その後小田さんが収録するときは

セルフカバーバージョンばかりなのだが、

このアルバムはカバー前のオリジナルだったのだ。

 

今、君の心が動いた

言葉止めて、肩を寄せて

 

この近辺の歌い方がオリジナルなのは

ものすごく大きな意味がある。

 

ちょうど留学の最中で、成人式を迎える時。

一時帰国してちょろっとアルバイトなんかして

小銭を稼いでた日々の楽しみはまさに

「東京ラブストーリー」でした。

 

あのギターフレーズが響く瞬間、体に電流が流れ、

小田さんの声が聴こえてくる頃には仮死状態。

織田裕二さんがどんなにサル顔でも、

有森也実さんがどんなに株落としてても、

あのドラマだけは絶対に見逃さなかったわー。

あんなに夢中になったドラマはなかったけど

「逃げるは恥だが役に立つ」で復活。

日本っていいわ〜。

 

その後シングルも買った、アルバムも買った、

そして今でもベスト盤を購入するが、

最近のは全部カバーバージョンだったので

ちょっと音程が違っていると

「違うんだよな〜、うーーーん、、。」と

うなってばかりだったのですわ。

 

みんなにもそういうのない?

そういう感じでファンががっかりするのが嫌だから

山下達郎さんは一切キーをいじらないという話を

聞いたことがあります。

うん、この曲だけはいじらないでほしいと思う、

身勝手な感想ですけどね、でも大事なのよ。

 

 

なので、今日は車でルンルン(死語)なのです。

洗車したばっかりなのに1時間後には雨に降られようと

せっかく入ったカフェが閉店間際であろうと、

オリジナルバージョンを聴いているという事実だけで

ハッピーになれるのである。

  

 

んで、思い出すのがその時のアルバイト。

今はなき「山形屋国際通り店」にて

最初はお歳暮の梱包要員で働いてたのですが

1か月後にエレベーターガールなるものに抜擢。

身長150満たないのによく雇ってくれたな。

 

一時間乗って、一時間休憩して、一時間案内ブースに入る、

結構エレベーターって大変だったわー。

でもすっごく楽しかった!!

 

でもこの思い出にも嫌な記録が残ってて。

 

台湾に戻った後にデパートから、未払いの給与を

受け取りに来るように電話があったらしい。

母親が行くのが面倒臭かったらしく弟に行かせたのはいいが

「もらっていいよ。」って言ったらしく、

なんで私のアルバイト代を

働いてない弟がもらうわけ?!

しかも3万円超!!!

弟よ、今からでも遅くない

返せ!!

  

 

まあ、小田さんに免じて請求はしないでおくわ。

(ブログに書いたくせに)

 

この曲に残る思い出は甘酸っぱいのだけでいいのだー。

 

ではでは。

 

2017年2月15日より
リトリーブサイコセラピー基礎コース東京平日
が始まります!久しぶりの平日開催です。
変われない理由はあなたが無意識に描く人生ストーリーにある!
自分自身にかけた思い込みを解き、
人生脚本を根底から変えていくコースです。
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

2017年2月19日は
福岡公認心理セラピストオープンセッションです!
テーマは「助けてなんて言えない、負けたくない!」です。
助けて欲しい時、あなたはどう行動していますか?
素直にヘルプを求められない心の奥底に何が隠れているのでしょうか?
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

2017年1月29日は
東京公認心理セラピストオープンセッションだ!
テーマは「愛情が欲しい、でも愛情が怖い」
愛情が感じられないのはなぜ?なぜ愛情が怖いの?
などなど、愛情に関するお話をした後、オープンセッションを3つほど。
皆様のお越しをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

 

どくしゃになってね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、

沖縄出身、あちこちで活動している

リトリーブサイコセラピー  ®心理セラピストの

松本美奈子です。

 

えっへ

 

今日は沖縄では今年初の個人セッションでした。

私としても感動的だったので、文章が少し叙情的。(どこが?)

 

チューチューチューチューチューチュー

 

質問の意図をうまく汲み取れず、

結果、トンチンカンな答え方をしてしまう。

 

質問する人にも共通性はあるのだが

何よりも本人自身が

「自分はバカだ」と思い込んでしまう。

 

自分のことを責めたくもないのに

「ああ、自分はダメだな、バカだな。」と。

 

ショボーンショボーンショボーンショボーンショボーンショボーンショボーン

 

「お父さんに笑って欲しい」

 

これが最初のきっかけでした。

でもそのことがなかなか感じられなかった。

 

暴力的な父親に対し反抗はしても

まさか笑って欲しいと思ってたなんて。

 

いつも自分のことを責めて、我慢して、

辛そうにしている父親に笑って欲しい。

そのストレスのはけ口になったとしても、

それでも子どもは父親の笑顔を求めた。

 

受け取ったのは暴力だけでなく

父親からの呪いの言葉もセットでした。

「どうせお前は何もできん。」

「いうことも聞けないバカ。」

「蛙の子は蛙。」

 

自分の魂がどんどん傷ついていくのを感じながらも

同じように自分のことを責めている父親に同情し

その苦しさを分かち合ったつもりになることで

父親のそばに存在し、その笑顔を見たいと思った。

 

そのピュアな魂が耐えられたのは幼い間の話。

成長するにつれ傷ついた自尊心は呪いの塊となり

常に内側で囁くのです。

「どうせ俺はバカだから。」

 

その時点で父親に反抗しても、

すでに自分で自分を呪い続けていた。

そうやって出来ない自分でいることを甘受し、

得ていたものがあまりにも大きかった。

 

ショボーンショボーンショボーンショボーンショボーンショボーンショボーン

 

セッションが終わってクライアントさんが顔を上げた時、

はっきりとした変化が見て取れた。

 

猫背気味だった背中がしゅんと伸び、

こもりがちだった声が外に向かう。

彼を取り巻く空気が、カラフルになった。

 

傷つく必要のなかった魂が、父親のために

傷つきながらも背負いこんでいた大きな荷物。

 

罪悪感

無価値感

劣等感

孤独感

 

その荷物をおろした時、

体感として「大地とのつながり」を感じたそうです。

その重さを感じなくても、自分の体を実感できる、

身軽になっても、感情を感じても死なない。

死ぬなんてありえない。

 

セッション自体はとてもしっとりと

緩やかに、厳かに進んだ感じがします。

自分という人間の尊厳を回復する

魂の再生につながる何か、を求めたセッションでした。

 

その答えを彼はすでに持っていました。

それを知った時、とても辛かったと思います。

大嫌いなはずの父親のことがとても好きだってこと。

 

それを認めることが今までの自分を否定することに

繋がってしまった時期もあったでしょう。

でも彼は乗り越えた。すごい。

 

全ては愛から始まっていた。

好きだからこそ苦しんだということを

体全部で知り得た。

今までの人生が無駄ではなかったことを

心の底から受け取る準備ができた。

 

さくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼ

 

クライアントさんが抱えていた問題が

どこまで改善するかはわかりません。

しかし、恐怖でつながっていた父親と

好きだなという気持ちで繋がれたから

きっと緩んでいくと思うのです。

そう、全ての人が怖いわけではない。

その質問は自分を攻撃しているわけではない。

あなたはダメな人間ではない。 

 

 

彼のその後がとても楽しみです。

 

これだから、リトリーブサイコセラピーはやめられない。 

 

 

2017年2月15日より
リトリーブサイコセラピー基礎コース東京平日
が始まります!久しぶりの平日開催です。
変われない理由はあなたが無意識に描く人生ストーリーにある!
自分自身にかけた思い込みを解き、
人生脚本を根底から変えていくコースです。
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

2017年2月19日は
福岡公認心理セラピストオープンセッションです!
テーマは「助けてなんて言えない、負けたくない!」です。
助けて欲しい時、あなたはどう行動していますか?
素直にヘルプを求められない心の奥底に何が隠れているのでしょうか?
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

2017年1月29日は
東京公認心理セラピストオープンセッションだ!
テーマは「愛情が欲しい、でも愛情が怖い」
愛情が感じられないのはなぜ?なぜ愛情が怖いの?
などなど、愛情に関するお話をした後、オープンセッションを3つほど。
皆様のお越しをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

 

どくしゃになってね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、

沖縄出身、あちこちで活動している

リトリーブサイコセラピー  ®心理セラピストの

松本美奈子です。

 

ただいま午前2時。丑三つ時w

 

今日、というか昨日は沖縄のリトリーブサイコセラピー受講生、

アシスタントによる勉強会。

協会の公認心理セラピストを目指すメンバーの勉強会だった。

 

全員仕事を持ってるし、土日は私が動きにくいということで

平日の夜8時から2時間程度、ってことで始めたが

だいたい23時を回ってしまうのだ。

 

こんな感じで月に2〜3回、いいサイクルで機会を設けられてるかな。

やっぱりコンスタントに心理セラピーに触れるというのが大事よね。

 

今回は終わったのが24時前だったのだが、

ちゃんと夕飯食べてなかったのでファミレスに飛び込む。

 

さすが沖縄、お客さんが結構いる。

明日も平日で仕事って人が多いと思うのだが、

多分今ここにいる人たちは明日は休みなのか

私のようなフリーなのだろう。

会社勤めでないことの自由さを感じるなー。

 

っていうか、今日はお昼から家族配置に関するカウンセリングがある。

もしかするとその後セッションが入るかもしれない。

 

さっさと帰って寝ろ。

でもさっきチキンステーキ平らげちゃった。

  

若者数人で香港がどうたらこうたら、

熟女お二人で夜中からパフェを食べてたり、

一人きりで黙々と食べてたり、

私みたいにパソコンやってる人もいる。

誰かと会話することもないけれど、

こんなところでも孤独を感じない。

 

人が孤独を感じるときって、どういうときだろう?

 

会話を求めずとも「ここにいる」感覚だけでも

孤独を感じないでいられるのは、

関わらなくても温かさを感じられているからだろう。

極端な話、好きな人や大事な人から嫌われている感覚がない。

 

「私があなたを好きなのだから、あなたも私が好きだろう」

これが恋愛なら一歩間違えたらストーカーだな。

そういうんじゃなくて、友好的な感覚を持てる相手との間に

ネガティブな感覚は存在しにくいわけだって話。

たとえ意見が食い違ったとしても、

その先にあるのは「嫌い」ではないと思うのだ。

だからこそ、その関係が姿形を変えながら続いていく。

 

そして、自分をさらけ出したら

その世界観を共有出来る人が集まってくる。

世界観を共有できたら、世界線も超えられるかも。

(STEINS;GATE:シュタインズ・ゲートの見過ぎ)

 

 

うん、こんなものが好きとか、こんなことしたいとか、

希望は口に出していこう。

たとえ大事な人が私の嫌いなものを好きと言ったとしても

受け入れられるものは受け入れようと思う。

 

ということで、旦那さんにお願いしたい。

目の前で納豆食べたいですw

 

 

 

2017年2月15日より
リトリーブサイコセラピー基礎コース東京平日
が始まります!久しぶりの平日開催です。

変われない理由はあなたが無意識に描く人生ストーリーにある!
自分自身にかけた思い込みを解き、
人生脚本を根底から変えていくコースです。
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

2017年1月29日は
東京公認心理セラピストオープンセッションだ!
テーマは「愛情が欲しい、でも愛情が怖い」
愛情が感じられないのはなぜ?
なぜ愛情が怖いの?
などなど、愛情に関するお話をした後、オープンセッションを3つほど。
皆様のお越しをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

どくしゃになってね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、

沖縄出身、あちこちで活動している

リトリーブサイコセラピー  ®心理セラピストの

松本美奈子です。

 

ただいま福岡に入っております。

個人的な日程と仕事を絡めながら。 

 

今日のテーマ、

久しぶりに「死ぬかと思った」体調不良で

思い知ったこと。(気づいたレベルじゃないよw)

 

ショボーンショボーンショボーンショボーンショボーンショボーンショボーン

 

もともと扁桃腺も太ってる松本は風邪ひきさんです。

(可愛く言うなー)

 

毎年年末年始にかけて必ず風邪をひいてたのですが

今年は引かなかったので

「おお!!何か思い込みの一つが取れたのか?!」

と結構喜んでましたが、旦那さんから鼻風邪がうつり

結局ダウン。

(まあ、それでも発生源にならなかったのはすごい)

  

沖縄に戻って復活の兆しがあったのですが

なぜか突然、ありえない頭痛に襲われ。

 

大好きな星野源さまの著書を読んでたおかげで

くも膜下出血についての症状は少し分かってたので

「うーん、それとは違うな〜、薬飲もう。」と

飲んだはいいがすぐ吐く。

病院に行こうとしたら痛みが止む、

んじゃ寝ようかと思ったら痛くなってくる。

 

なんじゃこりゃー!

と優作さんばりには叫べない弱々しさ。

 

久しぶりに

「目が覚めなかったらどうしよう・・・。」と

思いつつ、再度薬を飲んで吐く前に寝る。

(あとで調べたらダメなんだってね、詰まる可能性があるから。

良い子の皆さんは真似しちゃダメよー。)

 

そんなさなかに考えてたのです。

 

もし目覚めないままで、誰からも連絡がなくて

死後○○日で発見!となったらどうするんだ?

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

回避的傾向が強い同士で話をするとき

時折死に際についても話すことがあり、

「死んでも腐敗する前に気づいて欲しい。」などと

今考えるとすげえ回避的な意見が出たりする。

一人で死ぬことは怖くないが、迷惑かけたくないってか。

 

台湾留学中にもこんな状況があって、

あのときは頼れる友人がいたから助かった。

体力的なものよりメンタルがやられてたので

人とのつながりが命をつないだ

記憶にある最も強い思い出だ。

  

昨日は友人との約束を破ってしまうことになるので

連絡を入れたんだな。すると

「何か持って行こうか?大丈夫?」と

温かい言葉とともに思いも受け取り、

目が覚めた時に一報いれ、二人で安心する。

 

頭痛ごときでここまで不安になるのか?ってくらい

ひっどい頭痛だったのよ、びっくりだわ。

 

太陽太陽太陽太陽太陽太陽太陽

 

最近読んでいる本が自殺発生率の低い地域に関する書籍で

小さな町や村単位での調査になるのだが

人と出くわすと挨拶、玄関に鍵はかけない、といった

一昔前の沖縄の市街地でもあった光景が書かれている。

松本の幼少期も、鍵はかけなかったし、

知ってる人にも知らない人にも「こんにちは!」は

当たり前だった。

 

今、特に都心部だったらどうなんだろうね?

下手に声かけたら危険とかあるのかな?

家の戸締りをしっかりするのは、もう仕方ないよね、

あまりにも知らない人が多すぎる。

 

それ以上に気になった記述があった。

 

著者が歯科治療の後の抜糸がうまくいかず

歯痛がひどくなった時のこと。

 

病院に行くと歯科担当医がいないと拒否、

精神科医である著者は医療知識があり、

どうすればいいのかもある程度知っている。

診療所に行くと道具はあるができる人がいない、

責任取れないからと拒否される。

 

この過程で泊まっていた旅館の方に相談していて

あちこち紹介されるも拒否されたので

ごまかしながら過ごしていたところ、

道を歩けば「あなた歯が痛い人よね?」と

声をかけられまくるプライバシーゼロな状態。

結局、その中の一人から紹介された元看護師という人の

家に行ってどうにか処置して悪化を防いだという話。

 

多分、人との関わりが薄い環境にいる人の中には

あちこちに自分の話題が出ていることに不快感を

示す人もいるのだろう。

しかし、著者が特筆していたのはそこではない。

 

何かを相談されたら、解決するまで関わる

という環境だったのだ。

 

自分では解決できなくても、できる人を探して探して

問題を持っている人を一人にしない環境。

これも自殺発生率を低くする要素の一つだと。

 

関わり方についてもう一つ、面白い記述があった。

意見が違ったとしても、たとえ喧嘩になったとしても

言いたいことを言って、相手の領域にもズカズカ入って文句言って

すっきりするまで話をして、そして翌日からはけろっとしてる。

否定するのは意見であって、人間そのものを否定していない。

お互いに思うことを隠さず伝え、意見が合うもの同士で行動する、

昨日一緒に行動してた人が明日も一緒に行動する人とは限らない。

昨日別行動だった人が明日は一緒に行動する人なのかもしれない。

この寛容性が高いのも特筆すべき事項だと。

帰ったらまた読もうっと。

 

太陽太陽太陽太陽太陽太陽太陽

 

頭痛の話とはかけ離れてしまったが、

困っている時に相談しやすい、

相談された時にとことん関わる、

この関係性は人の生きる力になると思うのだ。

 

誰も私を助けてはくれない、と思い込んで

相談することもできず倒れていく、

世の中、そんなに冷たくもきつくもないはずなのに。

生きるために不要な思い込みがあちこちにある。

 

命がかかる、そんな大きな場面でなくても

ちょっと困った、きついなというときに

誰かの温かさを受け取ることができたら

その蓄積が生きる力につながると思うのだ。

結局、人は一人では生きていけない。

 

助けを求めることができない、

そんな思いの底には「負けたくない」があるかもしれない。

 

2月19日(日)に福岡で、「負けたくない」をテーマに

(社)日本NLP心理セラピー協会公認心理セラピストによる

オープンセッションを開催予定です。

 

今日明日には公開します!

ぜひご期待ください!!

 

 

2017年2月15日より
リトリーブサイコセラピー基礎コース東京平日
が始まります!久しぶりの平日開催です。

変われない理由はあなたが無意識に描く人生ストーリーにある!
自分自身にかけた思い込みを解き、
人生脚本を根底から変えていくコースです。
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

2017年1月29日は
東京公認心理セラピストオープンセッションだ!
テーマは「愛情が欲しい、でも愛情が怖い」
愛情が感じられないのはなぜ?
なぜ愛情が怖いの?
などなど、愛情に関するお話をした後、オープンセッションを3つほど。
皆様のお越しをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

どくしゃになってね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、

沖縄出身、あちこちで活動している

リトリーブサイコセラピー  ®心理セラピストの

松本美奈子です。

 

好評だったので妄想を続ける。

 

チューチューチューチューチューチューチュー

 

むかーし昔、あるところに

「痩せてやる!」ばかりを連呼する

30代女性がおりました。

 

女性はありとあらゆるダイエットを試みました。

 

・これだけ食べるダイエット

 →卵だけ、グレープフルーツだけとかありえへん

・お散歩ダイエット

 →朝は野良犬、夜はゴ○○リ、歩けない

・ビリー○ブー○キャンプ

 →即腰痛、関節痛

・断食

 →即リバウンド

・マク○○ダイエット

 →肉食わんってありえへん

・レコードダイエット

 →書くという行為自体をレコードしたい

 

などなど、ありとあらゆる言い訳が聞こえてきました。

 

「一応トライはするところがえらいよな。」、と

自分を慰める女性に、誰も二の句が継げません。

  

そして、時は流れ、、、、

女性のダイエット宣言は両手の指では足りない回数まで。

「足の指を使うとまだ間に合うじゃんw」

狼少年もびっくりです。

最初は「マネすんなよ」と思ってましたが

「そろそろ痩せないと病気になるよ。」と

本気で心配してくれるようになりました。

 

「心理学を使ったら痩せるかしら?

愛着障害を克服すれば痩せるかしら?」などなど

どうやったら運動しないで痩せるか?

から意識が離れない女性、

もうお気の毒レベルです。

  

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

女性はある時気がつきました。

 

あれ?

私、痩せなくてもあまり困ってない。

それどころか、ネタになってる!

 

そうなのです、

女性の口から出てくる「痩せたい」という言葉、

本当は何一つ本気ではなかったのです!

 

愛着が安定すると食べることで幸福感を得る必要がなくなり

そういう意味では量は少なくなってきたようです。

しかし、どうにも運動することに結びつかない、、、、。

なぜなのか?

一生懸命(本当はさっくり)考えた結果が

痩せる気がない

という結論に行き着いたわけで。

 

痩せたらネタにならない

なんちゅうこっちゃ。

 

ネタになると何が得られるのでしょうか?

 

いや、結構面倒臭いぞ、返事するのも、、、。

 

あれ?

何、これ?

 

孤独な問答が続きます。

 

その時々で色々な答えが出てくるようです。

 

つい最近出てきた言葉が

「世界中に私が知らない味があると思うと悔しい」

でした。

怖いですねー、1日3食食べるとして

人生80年だとすると87,600食です。

(授乳期間までカウントすんなー)

 

しかし、なぜ悔しいのでしょうか?

 

チューチューチューチューチューチューチュー

 

こんな感じで、突っ込み始めたら止まらない。

その間に運動しろよって思えてきました。

ということで、女性は最近また何を始めようとしてます。

結果はそのまま体型に出てきます。

みなさま、乞うご期待!

 

さくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼさくらんぼ

 

例えばダイエット、

やめられない理由については諸説ありますが

複合的に混ざり合って

どこから手をつけていいのかわからない。

すればいいとわかっているのに

それができない。

そんな思い込みがあるんですわ。

それが積み重なって挙げ句の果てに

「痩せないでいい」に結びついてしまう複雑さ。

 

人の心って本当に複雑です。 

 

2017年2月15日より
リトリーブサイコセラピー基礎コース東京平日
が始まります!久しぶりの平日開催です。

変われない理由はあなたが無意識に描く人生ストーリーにある!
自分自身にかけた思い込みを解き、
人生脚本を根底から変えていくコースです。
皆様のお申し込みをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

2017年1月29日は
東京公認心理セラピストオープンセッションだ!
テーマは「愛情が欲しい、でも愛情が怖い」
愛情が感じられないのはなぜ?
なぜ愛情が怖いの?
などなど、愛情に関するお話をした後、オープンセッションを3つほど。
皆様のお越しをお待ちしております!
お申し込みはこちら

 

 

どくしゃになってね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)