May2♪ の びすた~り、びすた~り。

May2♪_妹妹堂_デザイン工房妹妹堂_めいめいどう_may2do_星と書いてxing:シンと読みます XINGchaMAYcha★星茶銘茶 しんちゃめいちゃ シンチャメイチャ

NEW !
テーマ:

星こんにちは、MAYです!ブログに来てくださってありがとうございます。ニコニコ


先日、天国に旅立ったお友達の話です。もう少しお付き合いくださいね。

なぎサン 35 の続きです。目次はコチラ⇒■なぎサン

 


■■36_ お葬式



クローバー「ご導師様、ご入場。」

6月15日 11:00 告別式。お経が進み、そのまま初七日法要へと進む。

途中で、おっさまが話されたお話が印象的だった。

※この辺ではお寺様のことを『っさま』っていいます ※⇒■おくるひび


★「生は偶然、死は必然

私達には父と母があり、その父にも父と母があり、母にも父と母があります。

さかのぼれば、数えきれないほどのご先祖様がいらっしゃいます。

どの1人が欠けても私達は存在しません。

人がこの世に生まれることは、宝くじが当たるより確率が低い、偶然なのです。

頭で「死は必然」とわかっていても

「必ず明日がある」と思って生活し、「生は必然、死は偶然」 と錯覚しますが
残念ながら、この世に生を受けた以上、私達は必ず死んでいきます。

自分自身を見つめ直し、死を忘れず、精一杯生きることが大事なんです。


カメホントに。そう思います…


お式が終わり、おっさま一旦ご退場。

BGM係として即座に音楽を流す。カメラ係なので合い間に写真も撮る。


クローバー「皆様、棺の周りにお集まりください」

全員がなぎサンを囲む。別れが刻一刻と迫る。

なぎサンの顔を直接拝めるのも、これで最期だ。


一瞬の沈黙のあと、ビートルズの『レット・イット・ビー』をかけた。

ピアノのイントロが静かに流れ、全員が息をのんだ。


やぎ座「これも…あれも…入れてあげて…」 なぎママが周りの人に促す。

何枚もの写真、ピアノの楽譜、生徒さんからの手紙、千羽鶴、

なぎサン自筆のレポート(美しい文字で書かれた葬儀の勉強帳)

しるこサンド、なごやん、あんみつ… って。どんだけーっショック!

お花も次々入れられ。白い花ぶとんで眠る白雪姫だ。※⇒■34_お通夜


なぎママが、しきみの葉に飲み物をつけ、なぎサンの唇を潤す。

やぎ座「Tanちゃんに頂いたりんごジュースよ…MAYちゃんも飲ませてあげて…」

カメ「なぎサン、Tanちゃんのだよー」 ※⇒■23_びっくりたん

やぎ座「やっと飲めたね…飲みたかったよね…」 


『Let  It Be』が終わった。『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』 をかける。


クローバー「それでは、最期ですから。お別れの言葉をかけてあげてください」

みんなグシャグシャに泣きながら、思いのたけを告げている。

なぎサン、たくさんの人が、あなたのために泣いているよ。

あなたは、みんなから、愛されているよ。


声に出すと泣いちゃうな…。心の中でつぶやこう。

カメ「なぎサン、こんどは天国でバンドやろうね。また4人で。」


クローバー出棺前。喪主の挨拶。

家族を引っ張る強いお姉ちゃんだった、なぎサン。

おとめ座「私は、亡くなった人を何人も見てきた。だから、死ぬことは怖くない」

そう言っていた、なぎサン。

手塩に掛けて育てた大事な娘を、自分より先に、あの世へ送るのだ。

身も心も引き裂かれる思いで。嗚咽しながら。

参列者への感謝を述べるなぎママは、ものすごく小さく見えた。


クローバーご出棺。

思いがつもった重たい棺が家の前の霊柩車へ移動。なぎママは助手席。

一同が合掌して見守る中、なぎサンとご家族は火葬場へと出発。

カメはぁー。終わったなぁ… しばし眺める。


クローバー「それでは。火葬場に行かれる方は、どうぞご移動ください」

ぞろぞろぞろぞろ…。それぞれが、それぞれの車に移動し始めた。

なんか、全員、火葬場に行くような雰囲気だ。

カメあれっ?そうなの?行くの?行っていいものなの?聞いてないよー


カメ「あの。すみません。火葬場の話は聞いてないんですけど…

  たぶん、私、行かないとマズイですよねあせる

クローバー「あっ、車…?Yさん、もうひとり乗れる?乗せてあげてー」

あじさい「どうぞ。私の車に乗ってください。」 ※⇒■26_オリジナル  

カメ「すっ、すみませんー。ありがとうございます。」


ふーっ汗

なんだか、まだまだ長そうだ…



チューリップピンク つづく チューリップピンク


Let it go. Let it be.

びすた~り、びすた~り。星


今日の日がトイトイトイ。

いい日であるように音譜 ※⇒■トイトイトイ


※こっちも見てね⇒■里親への道 わんわん天使クマノミヒツジラブラブ


ペンギン 読んでくださってありがとうございます!また遊びにきてね 足あとポスト MAIL


ポチポチっと ↓ クリックしてくださいにゃ↓音譜

May2♪ の びすた~り、びすた~り。-blogbanner ブログランキング・にほんブログ村へ 読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

星こんにちは、MAYです!ブログに来てくださってありがとうございます。ニコニコ


先日、天国に旅立ったお友達の話です。もう少しお付き合いください。

なぎサン 34  の続きです。目次はコチラ⇒■なぎサン




■■35_ 葬儀前


 

 6月 15日。朝から雨。一時的に豪雨となる。

ひゃー。これはヤバイ…。喪服がびしょ濡れになっちゃう。


家 10:00 小降りになったタイミングを見計らって、なぎサンの家へ。

家の中に入った途端、どザーッ!オート洗車のような豪雨になった。雷

ぅわー。間一髪、助かったー

もしかして。なぎサンが守ってくれたのかな。べーっだ!


カメ「おはようございます。MAYです。」

やぎ座「あらー。MAYちゃん、ありがとう。さ、中へどうぞ」

カメ「なぎサン、おはよ。今日もキレイだね」

棺の中のなぎサンにご挨拶していると、なぎママが写真を持ってきた。

やぎ座「これね。今日、棺の中に入れてやろうと思ってるの。見て」

幼いなぎサンの写真と。大人になってからの、ピアノの生徒達と一緒の写真。

やぎ座「これは発表会ね。こういうの全部、入れてやろうと思って」

カメ「えっ。これ、入れちゃうんですか?」


メモ一般常識として、「生きている人の写真は、棺の中に入れない」ものだ。

『あの世に呼ばれてしまう』という迷信があるから、タブーとされている。

バンドのメンバー4人で撮った写真も、入れたいと言われた時ちょっと驚いた。

TanちゃんJeeちゃんから許可もらったから、いいけど。※⇒■⑲2面会

ピアノの生徒さんの写真は、いかがなものか…

※ちなみに、生きていてもペットの写真はOKだそうです。


やぎ座「お菓子も入れる準備したの。ほらー」

  『しるこサンド』、『なごやん』、プラスティック容器の『あんみつ』…

※『しるこサンド』はあずきクリームをはさんだビスケットで

  『なごやん』は黄身あんのお饅頭。どちらも東海地方のお菓子です。

カメ「これも…入れるんですか?」えっ

やぎ座「お腹いっぱい食べさせてやろうと思ってラブラブ


えー…?そんなに、棺に入れるものなの?

なんでもかんでも入れようとする、なぎママには驚いた。

だけど、なんだか嬉しそう。

それで気がすむのなら。好きなだけ、入れていただきましょう。べーっだ!


やぎ座「ところで。MAYちゃん、あなたにもらってほしい物があるの」
カメ「なんでしょうか」

見せられたのは、なぎサンが美術展で買い集めたという、絵葉書だった。

ピカソ、ルオー、モネ、ロートレック、シャガール  ※⇒■25_奇跡

笹倉鉄平、前田 青邨、橋本関雪、萩原守衛、村上康成…


カメ「わー。すごい!村上康成まである。私、この人の絵本、持ってます」
やぎ座「あら。そうなの?有名なの?これ全部、もらってくださる?」
カメ「いいんですか?ありがとうございます」

やぎ座「よかったわー。あなたには何かお礼がしたかったの。そしたら、これも」

ほとんど未使用の色鉛筆とパステル(クレヨンみたいな画材)。

カメ「なぎサン、パステルまで持ってたんですか。すごいですねー」

やぎ座「もらってくださる?」

カメ「はい。ありがとうございます」

あじさい「お母さま、ちょっとよろしいでしょうか…」

なぎママが打ち合わせに呼ばれたので、なぎママの弟さんとお話をする。


パンダ「あの子が好きだった食べ物、何か知ってます?」

カメ「えー?なんでしょう…」

パンダ「キャべツなんですよ」

カメ「キャベツぅ?…知りませんでした。」にひひ

パンダ「それと、味噌汁。」

カメ「お味噌汁?ヘルシーですね」

パンダ「体調が悪くなって吐き気がひどくなった時も、味噌汁だけは飲んだんです」

カメ「そうでしたか…」

パンダ「それから『しるこサンド』と『なごやん』が好きでね。」

カメ「あ。だから、棺に入れるんですね」

パンダ「『しるこサンド』と『なごやん』は、しょっちゅう食べてましたよ。

  入院中も。食べれた頃は。 『しるこサンド』今日は5枚とか言って…」


そういう頃が、あったのか。かお

あぁ。そうだ…。ご家族は、なぎサンが徐々に衰弱していく姿をずっと見てたんだ。

余命宣告されて。なすすべがなく、ただ、絶望の中で見守るしかない。

この数ヶ月の苦しみは、どんなに深かったことだろう…。しょぼん


その点、私は、楽だった。

入院中に関していえば、意思の疎通ができないなぎサンしか知らない。


私が見る限り、この1ヶ月間、大きな変化はなかったので気楽だったし

また、気楽な見舞客でありたいと思った。

付き添うご家族の、気分転換になりたかった。

なぎサンを、少しでも、楽しい気持ちにしてあげたかった。ニコニコ

悲しみを増幅させたくなかったから、泣かないって決めていた。

そして。それは、今も同じ。

泣くのは、私の役目ではない。

いつもの自分のまま、平常心で努めようと思っている。

だから

BGM係とカメラ係を任されて、気が抜けないのは大変だけど、よかった気もする。


葬儀の時間が近づき、弔問客が次々と訪れた。

お寺さんもスタンバイOK。


さぁ。そろそろだ…



チューリップピンク つづく  チューリップピンク


涙のあとには虹が出る。

びすた~り、びすた~り。星


今日の日がトイトイトイ。

いい日であるように音譜 ※⇒■トイトイトイ


※こっちも見てね⇒■里親への道 わんわん天使クマノミヒツジラブラブ


ペンギン 読んでくださってありがとうございます!また遊びにきてね 足あとポスト MAIL


ポチポチっと ↓ クリックしてくださいにゃ↓音譜

May2♪ の びすた~り、びすた~り。-blogbanner ブログランキング・にほんブログ村へ 読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

星こんにちは、MAYです!ブログに来てくださってありがとうございます。ニコニコ


先日、天国に旅立ったお友達の話です。もう少しお付き合いください。

なぎサン 33  の続きです。目次はコチラ⇒■なぎサン




■■34_ お通夜



6月14日。火曜日。早朝から曲選び。じつは前の晩の電話で、なぎママから

やぎ座「お式の時にジョン・レノンのCDを使いたいって言われたの。

  借りていてもいいかしら?」 と聞かれた。 ※⇒■28_できすぎ   

OK。問題ないけど、お別れにふさわしい曲を選んで 1枚のCDにしたらどうかな。

そう思って

なぎサンが好きそうで、一般的に知られてて聴きやすそうな曲を選んで作成。


クィーン ゛It's A Beautiful Day″゛You're My Best Friend″

゛Somebody To Love″゛Bohemian Rhapsody″

◆ビートルズ ゛In My Life″゛Here Comes The Sun″

゛Across The Universe″゛Yesterday″゛Let It Be″

◆エリック・クラプトン ゛Tears In Heaven″

◆サイモンとガーファンクル ゛スカボロフェア″゛明日に架ける橋″

◆アンドレア・ボチェッリとサラ・ブライトマン゛Time To Say Goodbye″など...


生演奏じゃないけど。これ、なぎサンのやりたかった仕事に近くない?

なぎサン、喜んでくれるよね。ニコニコ ⇒※■⑥天職

そうこうしてたら時間になった。ゴハン食べてるヒマはなし。

家 13:00 なぎサンのご実家へ。

葬儀会社の方が荷物を運んでいたので、すぐわかった。

Tanちゃんからのお花が配達されてきた。

お通夜に参列できないTanちゃんは、供花を贈ると言っていたのだ。

カメ「こんにちは。お邪魔しまーす。」

やぎ座「あー…MAYちゃんー…。さ、どうぞ中へ…しょぼん

ふすまを抜いて2部屋を一間に。思っていたより広い。

部屋の真ん中には漆黒の高級そうな棺。そこに、なぎサンが眠っていた。

カメ「なぎサーン、MAYだよー。わぁ。ホントにいい顔してる」

やぎ座「ね…いい顔でしょ…しょぼん


お世辞抜きで。いい寝顔だった。

大口を開けてたらどうしようかと心配だったけど、ちゃんと閉じていた。べーっだ!

目が大きく、まつ毛が長い。鼻筋が通っている、なぎサン。

ボブのカツラをつけ、紺色のベストを着た、その姿は…

白雪姫!

毒リンゴを食べて仮死状態の白雪姫にそっくりだ。なぎサン、リンゴ好きだし。

王子様がきてキスしたら目をさますよー。⇒■④やりたい


※イメージです。


なぎサンの妹さん、Yさんや皆さんに、ひととおりご挨拶。

お式はYさんが仕切ってくださっていた。※⇒■26_オリジナル

スタッフは同時に弔問客でもある。みんな、なぎサンの仕事仲間なのだ。

アットホームな雰囲気で心がこもっている。 ※⇒■③どーしよー

「この子は、こっち側にいるはずなのに…」と

半べそかきながらも笑顔で準備してくださっている姿が、なんとも言えない。


カメ「それにしても。この棺、すごいですね。見た事ないです!」

やぎ座「プレゼントしてくださったの。本当にあとで燃やしちゃうのかしら…

  このままとっといて、服でも入れて使いたいくらいよ。

  主人の時なんかホントに質素だったのに…」

カメ「美しいですね。普通、白木の、ですよね。もう見る機会はないと思います。」

やぎ座「あのね、MAYちゃん、お願いがあるの。写真とってもらえないかしら」

カメ「え?いいですよ。 あとで家からカメラ持ってきますね。

  Jeeちゃんが3時ごろ駅につくので、迎えに行くついでに取ってきます」

やぎ座「Jeeちゃん、来てくださるのね…Tanさんはお花を送ってくださったし…」

カメ「あ。これ。棺に入れる用の写真です。

  それから。なぎサンのお式用BGM作ってきました。」

やぎ座「まぁ…ありがとう…ありがとう…」


14:30 いったん家に帰り、カメラを準備してからJeeちゃんを迎えに駅へ。


15:20 電車の時間より早く、駅に到着。 ※⇒■⑯珍道中

チーズ「MAY、ありがと。助かったよー。…。なぎサン…ビックリしたね…」

カメ「うーん…。あのまま1ヶ月とか続くような気もしたけどね…。

  でも。もしそうなったら、なぎママの体力とか、入院費用とか、心配だったし。

  これで良かったんじゃないかな…」

チーズ「そうかー…そうかもね…」

カメ「なぎサンち行ったら、おトイレ借りづらいから。すましておこう」

チーズ「大丈夫。あー。でも…なぎサンが死んじゃうなんて…ショックー…」


家 16:00 しばらく2人で思い出話をした後、なぎサン宅へ。

チーズ「このたびは、ご愁傷さまでした…」

やぎ座「Jeeちゃん、来てくださってありがとう。見てやって…」

チーズ「あー…なぎサン………」 Jeeちゃんの目に涙が光る。

それから。なぎママ、Jee、私の3人で、なぎトーーーーク虹

そして。事情により5時半に帰るJeeちゃんを、駅まで送ることになった。

やぎ座「Jeeちゃん。本当に、今日はありがとうございました…。

  MAYちゃん、あなたは戻ってきてね。

  お寺さんが早めにいらっしゃるので6時半までに。お願いね。」

カメ「あ。はい。わかりました。」


17:30 Jeeちゃんを駅へ送り、家に帰って犬を散歩し、みんなにゴハン。


家 18:15 またまた、なぎサン宅へ。

お通夜の弔問客の方が次々といらっしゃる。

私はBGM係兼カメラマン。なんか流れでそういう事になっていた。
葬儀スタッフのCちゃんから

「MAYちゃん、みんなで作る手作りの式ですから。」 と、言われる。

あ。なるほど。私もスタッフなのね。了解。協力いたしますよー。ニコニコ


なぎサンにゆかりのある人で作る、お葬式。なかよし葬だ。


通夜式が終わり、お寺さんが帰られた後、なぎトーーーーク虹

葬儀関係のお友達の話は、興味深くて面白い。

この後まだ、22時ころに葬儀関係のお友達が4名くる、とのこと。

皆さん、遅い時間までお仕事なさって、しかも遠くからのご弔問。

本当に、ご苦労様です。

なぎサン、愛されてるんだ。そう思うと、嬉しかった。


20:30 そろそろ帰ることにする。

やぎ座「明日の葬儀は11時半開始だけど、MAYちゃんは早めに来てね。」

カメ「あ。はい。わかりました。」


なんか。そういうことになっているので、そういうことにする。


ひゃー。忙しい。

お通夜ってこういうものだったっけ。


It's been a hard day's night.



チューリップピンク つづく  チューリップピンク


とにかくなんでもやってみよう。

びすた~り、びすた~り。星


今日の日がトイトイトイ。

いい日であるように ※⇒■トイトイトイ


※こっちも見てね⇒■里親への道 わんわん天使クマノミヒツジラブラブ


ペンギン 読んでくださってありがとうございます!また遊びにきてね 足あとポスト MAIL


ポチポチっと ↓ クリックしてくださいにゃ↓音譜

May2♪ の びすた~り、びすた~り。-blogbanner ブログランキング・にほんブログ村へ 読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。