宮崎県都農町の農場で口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある牛が3頭見つかったことを受け、農林水産省と同県は20日、感染の拡大防止に乗りだした。同県はこの農場から半径20キロの区域内で家畜の移動を制限。一方、農水省は同日夜、専門家らによる緊急会合を開き、半径1キロ圏内で感染している牛や豚などがいないか検査する方針を示した。
 問題農場からの牛の出荷は、最初に異変が見つかった9日から停止。赤松広隆農水相は20日の閣議後会見で「万が一食べても人体に影響はない」と、消費者に冷静な対応を呼び掛けた。 

平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)
自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)
<殺人>小3長男殺害の疑い 自首の母親逮捕、福島・郡山(毎日新聞)
内閣支持率3割切る フジテレビ世論調査(産経新聞)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
AD