昨日はまた郊外からの帰りに大雨、雷で、サイアク。おまけに高速道路の料金所前で、大型トラックが横転して道を塞ぎ、車は大停滞で全く動かず参りました。なんかすごい蒸し暑いし、夜中も不眠気味で体もだるい。昨晩はまじめに自宅で純和食を自炊。インゲンのおひたしに、みそしる、そぼろご飯、マンゴーなり。一人のときは、いたって質素。


さて今日は私の彼について。かれこれ10年以上前にここ上海にやってきて、会社を作った。10年以上前となると、今の上海とはまるで様子が違っていたという。食事にしても、今のような幸せなグルメめぐりが出来るような状態ではなかったそうな。まず、レストランに入っても、外国人用のスペースで隣の中国人と全くおんなじ物を食べているのに、10倍ぐらいとか、法外な値段を払わされたという。店の皿やらコップにしても、とてもじゃないけど一旦布きんで拭いてからじゃないと、使えない状態だったそうな。


サービスに関しても、皆さんご存知の通りごっつ今よりも輪をかけてサイアクだったそうな。(今でもサイアクと思うことが多いですが)まあ、お国柄といってしまえばそれまでですが、彼は、こっちは金はらっているんだから、それだけのサービスを受ける権利があるといつも主張している。10年前から、飲食店でも、ビールの注ぎ方、(瓶の持ち方、ラベルの向き、注ぐ時は客の前を横切って注がないとか)、細やかな気をきかせるとか、冷めた料理は突き帰し作りなおさせるとか、。日本料理店も今でこそ日本の味にかなり再現性の高いものが食べられるそうになっていますが、(やばい味付けのところもあるけど)その当時はまずければ、厨房まで出て行って自ら味付けの指導までしていたという。

今でも、日本料理店なんかで経営者は日本人で、指導もしているんだけど、それで少しでも調子が出てきて気を抜くと一気に味もサービスもガタガタ落ちて、すぐだめになったりするそうな。


このように、ただ上海で暴れまわっている(いまだにそのスタンスはかわらず、突き進んでます。)ように見られがちな彼ですが、やはり、経営者の性格上か、やはりこちらももちろん満足したいが、お店だって色んな事を改善して、はやればそのお店にとってもいい事でしょう?と、かなり愛をもって接している印象を受ける。それに、日本人って、ま、こんなもんか、とか、そんなおいしくもないのに、あーおいしかったなーって妥協気味の人って多い気がする。だから、世界各国で日本人は馬鹿にされてなめられてぼったくられるんやー、とさ。そんな、上海で暴れてたら、日本人の印象が、、、。上海だけではありません、日本国内、世界中の国々に行っても、そのスタンスは変わらぬようで、その筋の通った態度は尊敬します。


そうでもなきゃ、この国で会社やれるかー。確かに今でこそ成長し、走っている会社になりましたが、何度となくやめて日本に帰ろうか悩んだそうです。創業当初は、給料も払えない状態で、(生きた)鶏やらの食料を原物支給したりしていた事もあったという。それでも、中国人の部長達は会社を捨てずについてきてくれたそうだ。普通中国では、会社のためじゃなくて、自分の為に働くから、少しでも条件の良い所があれば、すぐ鞍替えするという。いまだにその中国人達はがんばってくれている。他の会社からヘッドハンティングされてもぜんぜん辞めていかない。やっぱ、最後は人と人なんだと思う。

なんて、余韻にひたる暇なく、彼は会社でも愛を持ってどなっている。「10年間、何回同じ事言ってもぜんぜんだーめー。何回言ってもまたすぐに元に戻ってしまう。」ってさ。地道さと、忍耐力がポイントさって。


そうです、中国でよく日本人が会社を設立すると、なんやかんやで経営権を奪われたり、会社の金を持ち逃げされたり、悲惨な目に合う事もあるという。そんな中でよくがんばってきたなーと尊敬しています。やはり、何事も筋の通ったスタンスが大切なんですね。彼の生き様から本当にたくさんの事を学びます。

私もがんばらなくっちゃねー。



AD

今日はどしゃぶりの雨。かなり郊外に出ていたんですが、午後3時半というのに夜かと思うほど外は真っ暗。中国の雨はこんなに激しいのか?と聞くと、こんな事はめずらしいそうで、、。ホントこの世の終わりかと思うほど真っ暗だったのであせりました。

上海にこんなに長くいたのは初めてなので、(住んでるんだから当たり前ですが、、。いままでは短期で数回来た事あるけど)ストレスというか、なんかモヤモヤがたまってました。そこで、musicスタート。帰りの車で延々CD聴いて帰りました。かなり趣味に走りますが、今日のCDはガンガンにLINKIN PARKをチョイス。MIXTUREというのが私の栄養剤です。HIP HOPだけでは物足りない、やっぱりドロップチューニングのバンドの味もないとね。(ガンガンドラムにはまってた私としては、生のリズムも欠かせない要素なのです)


なんだかLINKIN PARKの音って雨の車窓も似合うなー。今までもこのMIXTUREには何度となくパワーをもらってきたし、これからも私の欠かせない音楽なんだろうと思います。昔は、このジャンルにかなり固執してましたが、もちろん少しづつですがBOSSAとかなんとかも聴くようになってます。(どないやねん)MIXTUREと言えば、かなりバイオレンスなイメージや品がない、なんて思われがちですが、その通りです、、。この類のライブにいきますと、怪我の一つや二つは付き物、。私の友人も鼻の骨折しましたし、私もおでこに誰かのスニーカーの痕を付けて帰宅した事もあります。いいわあー、やっぱほれぼれします。って私は平和主義ですわっ。


さて、話は変わって、一度中国語の家庭教師を紹介でしてもらった女の子がいるのですが、その子の自宅と私の自宅のアクセスが悪すぎて、結局一回限りで終わりになってしまったんです。でも、すごく年も近くて、すごいいい子だったんですが、連絡先が分からなくて残念、、と思ってた矢先、先ほど彼女から連絡が、、。「家庭教師ではなく、是非お友達としてお買い物したり飲茶しましょー、とてもあなたの事が気になっていたのです。(レズではありません、多分)」と。彼女は、とても流暢な日本語を話す。この前の一回きりの授業でも、これはワンちゃんのワンです、とか、ヤンキーのヤンです、とか、なかなか私のツボを刺激する一面もあり気があいそうかも。かわいいお花のネイルもしてたり、上海ギャルでしょうな。


この上海生活のテーマとして、あまり必要以上にニホンジンでダンゴにならず、なるべく現地の方と接したいというのもあるので、とてもうれしく思います。


さてたまには中国語のCDはお休みして、KORNあたりでも聞いて上海生活にガッツを与えなければ。



AD

自己責任

テーマ:

中国人は本当に運動神経とか本能的に自分を守るすべを心得ているなーと感じます。今さっき市場に向かう途中で、アイさん(お手伝いのおばさん)に偶然会った。お孫さんだっこしてお守りしてる最中でしたが、一緒に市場に行く事になり、果物売り場へ。ライチみたいなやつをおまけでもらったのですが、アイさんは、皮をむいてひたすら臭いを嗅いだり、口に含んで何かやたらチェックしてからお孫さんに食べさせてた。多分ニホンジンだったら、賞味期限が大丈夫で、いけそうならそこまでせずにボーっとお口に運んでしまうのでしょう。


確かに平和大国ニッポンだからこそ、とも言えるでしょうが、ほんとに私も含めて平和ボケ、なんでも人のせい、人間の本能的なところがどんどんなくなっちゃってるのでは、と思うのです。あんたが悪い、社会が悪い、学校の教育が悪い、世の中が悪いって、最後は「自分」なんだと思う。


そうそうこちらの若い子たちも医食同源が基本のようです。私がついつい熱さに負けて、冷たい飲み物飲んでたら、うちの会社の20代前半の女の子が、「そんな冷たいものは体に良くありませんから、やめたほうがいい」と。そして、その子が熱出して休んだ次の日に瓶に入った大量の干しカリカリ梅を持参。(これまたうまいっ)

なに?って聞いたら「これは熱の時にいい」と。またもう一人の女子は、妊娠中、買い物でひたすら蜂蜜と牛乳を買って混ぜてのんでいる。「おなかの子にいいと言います」って。ホント、自分の健康に対しても自己責任感がすごい。確かに、こちらでは、どんなにすごい勢いで救急車が来ても誰も道は空けてくれない、病院だって、その患者がお金もってるか、支払えるか分かるまで治療は開始してもらえないそうな。


日本だったら、救急車は乗りたい放題、病院かかりたい放題、いつでもOKってなもんで、健康だって人任せにしすぎなんじゃないかなー。(日本の医療保険体制はガタガタだー)私もこちらに来てからは、お酒は少量のみ、羽目はずさない、手洗いうがいはかかさない、なるべく生もの食べない、なるべく?夜更かししない、、など心がけています。


そうそう道端のマンホールの上を歩いたりしないようにって、ズドーンと抜ける事があるらしいぜ。建物からはなるべく離れて歩いたほうがいいって、何降ってくるか分からないらしいぜ。この前外灘のオフィスビル軍の信号を待ってたら、何やら「カサカサっ」と左前方から白いものがこっちに向かってくる。普通オフィスビルだから、カサカサといえば新聞紙ダロー、と思うのですが、なんと、トラックのホイールキャップが私の足の間をすり抜けたよ。(私も足を揃えて立ってたら重症だったでしょうが、見事な仁王立ちだったため、軽い打撲で済みました)  


ホント、何が起こるか分からない刹那的な国だなーとおもいます。


追記

アイさんはお孫さんに上海語ではなく普通語を教えているようで、「あんたも一緒に教えてあげる」って、市場やら道端やらで、言葉の練習して帰りました。(たぶん、ワンワンとかブーブみたいなノリなんでしょうなー)            ありがとう謝謝

AD

今日のノルマ

テーマ:

とにかくこちらに来たからには中国人とコミュニケーションをいつかはなめらかにできるようになりたいと思う今日このごろ。きょうは、CDつきテキストでお勉強なり。まずは徹底的に単語力もつけないとね。英語の時も思ったけど、やっぱひたすらその語学のシャワーを浴びなければだめなんかなーっておもいます。でも、あまりお金はかけたくない、というのが本音。能率悪いかもしれへんけど、語学留学などもしている暇なく仕事、仕事のため、仕方ない。行けるところまで行ってみましょー。


熱すぎ、爆竹うるさすぎ、。うちのマンションにきれいなウエディングドレスの花嫁入場ー。よろしなー。そろそろ日もかげってきたんででかけましょう。


追記

おでかけより帰宅。ゴルフクラブ購入ー。やっぱり日本で使い慣れたものを使いたかったので、かついで持ってはきたんですが、お安く購入出来るとのことで行ってまいりました、ゴルフショップ。(ニセモノかホンモノかは聞かないでくださいな、、。)セットを揃え、さて、値切りタイム。とにかくかなり強引に値切り始めるもなかなか相手も強情。こっちも引くにひけず、どんどん声はデカくなる。なんか分かりませんが、デカイ声だしたほうが勝ちって聞いたこともあったので、延々怒鳴り散らした後、バシッとファイナルプライス提示。希望価格達成。ゴルフは紳士淑女のスポーツか知りませんが、その時の私は淑女どころか、完全に大阪のおばはんのようだった。隣で、欧米人の方がお買い物中、私の購入価格の約2倍で買おうか迷ってました。(金持ちー)金払う時も、店の中では商売に支障ありとの事で、店の外でお支払い。帰り際にTシャツと、パターカバー、キャップ、手袋略奪。店のネーちゃんも、「ノーサービスー」っとさけんで阻止しようとするも、ゲット。


ふふふ。満足。信じられん安さですが、なんだかんだ言っても、相手は儲かったって、舌出してるでしょうね、今頃。

今宵は

テーマ:

只今帰宅ーと。眠いが3日坊主になりそうなのでがんばりましょうか。今日は朋友と朝から晩まで(今まで)上海の街をさまよってましたー。毎週のようにさまよい、もうかなりのエリアをしらみつぶしに歩き倒しております。その中でも、今日は都市風情街へ、、。華亭伊勢丹から少し北へ、、。このあたりは、シンプルなデザインのものを集めたセレクトショップや、バリバリのB-BOYがやってる店なんかもある。そして、 地下の広いスペースに小さな小部屋の店が入っている。人はまあまあ少ない、、。が、うるさい街中でのショッピングにもいい加減疲れたので、落ち着けました。そこで、夏らしいピアスなどを購入。


そして、晩はお友達になった中国人の子たちと、延々語りあった。こんなに長い時間お酒のんで熱く語る事は、上海来てなかったのでとても有意義だった。よくある日本人と中国人の会話ではなく、ほんと、人間同士の会話ってかんじだった。最近じゃあニホンジン同士だって分かり合えない人は、分かり合えない。せっかくここに来たのだから、ニホンジンでつるんでたってしょうがないかなーと思った。私の語学力が乏しいのがなんとも、もどかしかったけど、言葉を並べるだけの会話なんかよりずっと伝わるものも感じました。

ほんと、来てすぐに不思議な出会い。


上海生活、もうすでに買い物、ご飯、ゴルフ、マッサージなどは満たされました。あとはやはり人とのコミュ二ケーションと、musicだな。そういえば、上海は北京に比べてアンダーグラウンドな音楽とかが育ちにくい街といいますね。なんでかなー、。表面はそんなノリで装ってても、なんかちょっと残念、、って思ってしまう。北京はかなりそういう面はうらやましいなあ。どなたか、mixtureなどの熱いハウス知りませんかー。こだわりない所が多いって聞くんですが、、。残念。


私の職場、及び上海で今までにお知り合いになった日本人の方々に敬意を表して。(なぜか総経理の方たちが多いのですが、、。)定年すぎている方、などもおられます。私の職場のおじさま方は若き日から、アラブやらタイやら中国の奥地などで、過酷な環境と戦いながら頑張ってこられた仕事人間です。考えられんようなゲテモノも、あれはうまかったなー、と遠い目をして語ってくれる。(さすがに、料理の蓋を開けたら湯気と共にガマガエルが丸ごとこっちを見ていたのにはまいった、とのことですが。でもうまかったと、、)


そんな濃いおじさま達が、上海のこの会社に集結した。そして、毎日中国人達と熱い汗を流して働いている。何時間も車に揺られて奥地の外注先に出かけたり。時には(っていうかいつもいつも)言い合い、衝突しながらも、頑張っている。考え方も勝手もまるで違う国で、本当に地道で忍耐の仕事と思う。決して、おしゃれなオフィスビルでもない、作業着にヘルメットに安全靴といういでたち。日本、外国にかかわらず、こんな方々が日本の経済を支えてきてくれたのだろう。


今や日本の会社はどんどん中国進出しているというが、人件費が安いなどと、単純に日本での常識をそのまま中国に持ち込む→実際現地では逆に日本の常識が非常識だったりして日本の会社からはヤイヤイ言われ、そのハザマでストレスたまる→日本や中国のお客などの接待含め外食多し→中国式白酒攻撃でベロベロになる→肝臓壊す、心筋梗塞になる、脳出血で倒れる、嘔吐物を詰まらせてなどで、働きざかりの方々が想像以上に多く亡くなっていると聞く。


職場のおじさまも一人、「わしも今年いっぱいでおいとまするかー。」と言っている。さみしい、そんな事言わんとずっとおってくださいなー、とも強く言えない。久しぶりの日本の生活もゆっくりしてもらいたい、お疲れさま、とも思います。(くれぐれも健康に気を付けてね)


ま、仕事の後のかわいい小姐(お嬢さん)とのおいしい一杯くらい許してあげてーな、奥様ー。




市場にて

テーマ:

上海に来てすぐは、基本的に買い物はメジャーなスーパーで済ませていたんですが、ふらふら自宅まわりを散策していたところ、マンションの反対側の門の付近にあやしい一角発見。暗ーい建物に人の出入りがあり、(パンツ一丁の爺さんも出できた)吸い込まれるように中へ、、。なんとガヤガヤ市場あり。スイカ食いたいなー、、と、ほとんどジェスチャーでスイカ購入、値段が聞き取れない、(というか想像してた値段とあまりにもちがった)。店のおばはんに紙に書いてもらい、あらっ、4元。(中の大)ついでに発音もていねいに教えてくれました。桃一個おまけ。でも、ふっかけられてると腹立つので、1斤いくらか確認し、秤の重さも確認して間違いないと納得。


更に奥へー。野菜コーナーへ。ここは激戦区、小さな一角に店がひしめいているため、競争も激しいのでしょう。鮮度のよさそうな、田舎臭いお嬢さんのいる店へ。レタス1玉3角、などなどどんどん購入、両手いっぱい袋ぶらさげても今日の買い物はスイカもいれて7元くらい。


桃かじりながら、帰宅。いちおうスイカを体重計に乗せて重さを測定し、間違いない事を確認す。(ついでに私も体重計に乗ってみる、、、、、。)


上海に来て、あっち行こうこっち行こうって外食が多くなったので反省して自炊をなるべくしようと思う。トマトと卵のスープを作る。なかなか良い味。スイカは大当たり。店で食すデザートのスイカの水臭ささに諦めていましたがちょっと安心。

レパートリーを増やすぞー。香采、にんにく、唐辛子、黒酢、しょうが、ごま油あたりは既に常備しております。でも、でも、どうしてもお出かけばっかになってしまう。ま、見本の研究ということで、、。


ま、でも農薬の事とか心配もあるので、いろんな店をローテーションして買おうかな。(出所は同じだったりして、、。)



(備考  1元は13円くらいでしょうか、1角は0.1元です)

上海生活が始まり、、

テーマ:

荷解きもそこそこ進み、家の状態も少しづつ整ってきました。日本から持ってきた数々の中国語CD付きテキストをベッドサイドに並べ、睡眠学習(?)の準備でございます。昨晩も、中国語CDがとても心地よい子守唄になってくれました。


なんせ上海上陸時の私の中国語スキルは、ニイハオのみ。(今もほぼそれに近い)日本でお世話になった方の旦那さん(中国人)は、「大丈夫、全部ニイハオで」って言ってたし。数週間は車で語学CD聞いてましたが、なんと普通語と上海語の違いも知らず、思いっきり上海語講座の物を聞いてましたー。


会社では、上海語ばっかりで、たまにもっと方言がまじってるそうで、聞き取ろうという気も失せます。

セッ、パッ、ロッ、、、、。


朝マンションのおじいちゃんに手招きされました。初めて地元の人に話しかけられた。何か話しかけてきます、やばいっ分からん、、、と、ジェスチャーまじりでひとつふたつだけキャッチ!「パン、、、シャオ、、。」!!なんと、私がぴっちりした服を着ていたのに対して、あんた太いのに服はちいせえなー、と解釈いたしました。分かったよーこれからは気を付けますね。


そして私を指さし、サッパニン(上海語で日本人)、と連呼。しまいには、ニッポンジン、ニッポンジンと連呼。でも、朝出勤時いつも笑顔で手を振って送ってくれます。


ま、周りの日本人からいろんな中国についての入れ知恵されますが、ブルーな事はおいといて、楽しげな事を中心に書いていく予定です。