東北各地で偽一万円札が相次いで使われた偽造通貨行使事件で、29日までに確認された偽札は青森、岩手、宮城、福島の4県で少なくとも計51枚に上った。偽札は比較的精巧な作りで、繁華街に近い小さな店舗が被害に遭っているのが特徴。短期間に数多くの偽札が使われており、各県警は同一犯の可能性があるとみて捜査している。

■繁華街近く

 東北での偽一万円札の発見状況は地図の通り。
 各県警や被害に遭った店主らによると、偽札は真券より赤みがかり、透かしがなかった。各市で見つかった偽札の記番号の多くは「HT794921S」とみられる。角度によって色が変化する左下の「ホログラム」部分は張り付けたような凹凸があり、はがれかけて浮いているものもあった。

 盛岡市で見つかった偽札は手触りがざらざらしており、青森市の偽札は真券よりも縦、横ともに1~2ミリ小さかった。福島市で確認された偽札の中には、隅にカッターで裁断した際に付いたとみられる数ミリの切れ目があったという。

 偽札が使われたのは、土産店や酒店、文房具店などで、防犯カメラがない小規模な店舗を狙ったとみられる。たばこや缶コーヒーなど低額の商品を買い、つり銭を受け取って立ち去っていた。

■靴残し逃走

 青森での目撃情報を総合すると、偽札を使ったのは男で、身長170~180センチ。白いマスク、黒っぽい服、長靴姿だった。
 27日、偽札だと気付いて男を問い詰め、追いかけた青森市花園2丁目の酒店の女性(59)によると、男はセカンドバッグと、ほかの店で買ったとみられる商品が入った袋、靴を残して逃走した。バッグの中には千円札が数十枚入っていたという。

 3店が被害に遭った青森市の新町商店街では、商店街振興組合が29日、偽札の特徴や記番号などを記載したチラシを作製。30日朝から加盟約120店に配り、注意を呼び掛ける。

 自身も被害に遭った組合の成田雄一理事長(80)は「偽札に関する情報が少なく、商店街を守るために自衛手段としてチラシを配ることにした」と話した。


<和辻哲郎文化賞>今橋理子さんと互盛央さんが受賞(毎日新聞)
<学習費>不況直撃、塾への支出が減少 08年度(毎日新聞)
防衛相「沖縄の人たちの気持ちを重く受け止める」(産経新聞)
事務所から2000万円押収=一斉捜索で東京地検-小沢氏資金、広範に捜査(時事通信)
みんなの党「みんなで坂本龍馬です」に失笑(産経新聞)
AD