金融庁は16日、証券取引等監視委員会から金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで課徴金勧告を受けた味の素の男性社員に、勧告通り課徴金39万円を納付するよう命令した。勧告を巡っては、男性が不服を申し立てたため、05年に導入された課徴金制度下で初めて勧告の是非を審理する審判が開かれていた。

【関連ニュース】
インサイダー取引容疑:上場メーカー株主ら逮捕 大阪地検
インサイダー事件:生保元社員ら起訴内容認める
インサイダー取引容疑:ヤマノHD会長らに課徴金
経団連:評議員会副議長5人を内定
社長インタビュー:味の素 伊藤雅俊社長

水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討(時事通信)
桜 東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
核密約文書後任に引き継ぎ、情報公開法時意図的破棄を示唆、密約参考人質疑で東郷元条約局長(産経新聞)
広末涼子さんが追突事故=乗用車に、けがなし-東京(時事通信)
「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断(産経新聞)
AD