自民党の大島理森幹事長は11日午前、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が辞意を固めたことについて「発足して早くも連立の代表である閣僚が辞めるのは、内閣の信頼性がないということだ」と指摘した。

 大島氏は「社民党の党首、国民新党の代表が内閣を離れ、政権のトップも変わった。本来、国民に信を問うべきだ」と衆院の解散・総選挙を改めて要求。そのうえで「ともかく急いで(参院)選挙をやり、勝ちさえすればいいという党利党略的な民主党政治だ」と述べ、国会の会期延長を1日とする民主党の対応を批判した。

【関連記事】
辞任の亀井氏「私の後は自見氏に」
亀井氏辞任で金融業界「良い方向に動いた」
蓮舫氏ら5閣僚が国旗に一礼なし 省庁会見
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線
どうなる郵政法案 国会会期・参院選日程に翻弄
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<ザ・コーヴ>上映中止問題を考えるシンポ 550人が参加(毎日新聞)
<常用漢字>196字追加 いつから入試に?国語辞書は変わる?(毎日新聞)
職質2警察官を引きずり車逃走 大阪・西成(産経新聞)
「西南戦争の砲弾」実は旧軍の不発弾で閉鎖騒ぎ(読売新聞)
<大野市長選>岡田氏が再選 福井(毎日新聞)
AD