集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めた集団訴訟のうち、鳥取訴訟の口頭弁論が19日、鳥取地裁(朝日貴浩裁判長)で開かれた。これまでに札幌、福岡両地裁で和解協議入りしているが、この日の弁論では、和解を促す話し合いはなかった。次回期日は9月8日。
 弁論後に記者会見した弁護団の高橋敬幸弁護士は「札幌地裁の和解協議の状況を踏まえて、次回は和解に踏み出してもらうよう裁判所に働き掛けたい」と述べた。
 鳥取訴訟は患者や遺族ら10人が参加。原告の男性1人が、昨年6月に死亡しており、弁護団は早期解決を求めている。 

【関連ニュース】
「一日も早い解決を」=厚労相、裁判外の協議拒否
九州訴訟でも救済案示さず=B型肝炎訴訟で国側
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討-B型肝炎訴訟
来週中にも原告と面談=B型肝炎訴訟で厚労相
「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見-B型肝炎訴訟

国の不作為責任認める=アスベスト健康被害で初―大阪・泉南地域の29人勝訴・地裁(時事通信)
口蹄疫、政府が対策提示 10キロ圏内、20万頭処分 (産経新聞)
参院選7月11日投開票=国会延長せず―政府・与党方針(時事通信)
石川議員、午後に再聴取へ=陸山会虚偽記載―東京地検(時事通信)
<ストーカー>常習容疑者、3回目の逮捕 捜査員困惑「出所しても…」(毎日新聞)
AD