集団予防接種でB型肝炎に感染したとして国を訴えた全国B型肝炎訴訟原告団の代議員総会が16日、東京都内であり、札幌地裁が12日に一連の訴訟で初めて出した和解勧告に応じることを確認した。

 札幌地裁は、原告・被告双方が和解協議入りに同意した段階で認定基準や救済金額などの具体的協議を始めるとの所見を示したが、国側は「次回期日(5月14日)までに対応を決める」として慎重姿勢を崩していない。【佐々木洋】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
B型肝炎訴訟:政府一体対応を首相が指示
B型肝炎訴訟:初の和解勧告 国・患者双方に--札幌地裁
B型肝炎訴訟:初の和解勧告 原告弁護団長の佐藤哲之弁護士の話

デイサービス運営に地域密着と効率化の視点―在宅協東京支部がセミナー(医療介護CBニュース)
<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
強風でバックネット倒れる、4歳男児と母重傷(読売新聞)
<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)
宿泊客男女4人が軽症=ビジネスホテル火災-東京(時事通信)
AD