足立区梅田の東武鉄道西新井車両工場跡地に14日、亀田トレイン公園がオープンした。

 この公園は、区が進める密集市街地整備事業による防災まちづくりの公園と車両工場跡地のマンション建設に伴う公園を一体にしたもので、広さ約1800平方メートル。名称は公募し、旧地名の「亀田」と「トレイン」を組み合わせたという。

 園内には、耐震性防火貯水槽(貯水量100トン)が埋設されているほか、昭和30年代ごろまで実際に使用されていた電車の車輪のモニュメンや全長約50メートルにわたる線路模様の舗装。さらに、トイレ壁面には昔の西新井駅前風景や東武伊勢崎線最初の急行「じょうもう号」の写真など3点が陶板に焼き付けて張られており、車両工場の名残をとどめている。

 東武博物館の花上嘉成(はなうえ・よしなり)館長は「モニュメントはスポーク付きの車輪とタイヤを軸にはめ込んだもので、今ではもう滅多に見られない。ぜひご覧になって長く愛してほしい」と話した。

朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化-鳩山首相(時事通信)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
学習院と認識共有せず発表、東宮大夫が認める(読売新聞)
<掘り出しニュース>トマトフェスで巨大トマト鍋(毎日新聞)
AD