工作機械大手のヤマザキマザック(愛知県大口町)が建設していた「ヤマザキマザック美術館」が名古屋市東区に完成し、22日開館式があった。館長を務める山崎照幸会長が30年余かけて収集した18~20世紀のフランス絵画や工芸品約300点が常時展示される。

 日本で紹介されることの少ないロココから新古典主義、ロマン主義など、後の印象派に影響を与えたとされる「オールドマスター」の絵画、アールヌーボーの家具、ガラス器など。これまで作品は社内だけで展示していた。新美術館では、絵の額装からアクリル板などを取り外し、筆跡や色合いをより身近に鑑賞してもらえるよう工夫したという。

 地下鉄新栄町駅に隣接する同社のオフィスビル内の約1000平方メートル。入場料は大人1000円で、小学生未満無料。月曜休館。【三鬼治】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:また笑顔で筆を 愛知・岡崎で絵画展開催へ
長崎県美術館:日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で
まちかど:変わりびな映す時代 30年間の作品展示--さいたま「東玉」 /埼玉
山梨・河口湖オルゴールの森美術館:特別企画コンサートの開会式
特集:生誕120年・小野竹喬展 絵筆に込めた温かさ 11日まで東京国立近代美術館

東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作-奈良(時事通信)
宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
母子が死亡、殺人で捜査=市営住宅で-京都府警(時事通信)
巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)
<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
AD