衆院予算委員会は22日、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席して「経済・外交」に関する集中審議を行った。長妻昭厚生労働相は、75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度の10年度保険料について、引き上げ幅を全国平均で3%程度に抑える意向を示した。同省は昨年11月末時点で約14%上昇するとの見通しを示し、後期高齢者医療制度を運営する各都道府県の広域連合に基金の取り崩しなどで保険料を抑制するよう求めていた。

 長妻氏は「後期高齢者医療制度の最大の問題は保険料の上昇スピードが速いことだ。(保険料を抑制する)措置を講じなければならない」と述べた。

 また、鳩山首相は同制度について「1期4年の政権の中で必ず廃止する」と改めて述べた。いずれも高橋千鶴子氏(共産)への答弁。【鈴木直】

【関連ニュース】
介護保険:過徴収10億円 東大阪で設定ミス
国保保険料:08年度収納率は88% 過去最低
裏金接待:前福岡副知事を収賄容疑で逮捕
1月号
9月15日特大号

有線放送大手、無断で30年以上ケーブル設置(読売新聞)
インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義(医療介護CBニュース)
<五輪スピード>「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)
改修作業 2人切られ重軽傷 殺人未遂容疑 洋傘店経営者を逮捕 東大阪(産経新聞)
民主、「政治とカネ」問題の逆風もろに…長崎県知事選(スポーツ報知)
AD