河村たかし名古屋市長は、議会改革関連の3条例案が本会議で否決されることを受け、議会改革に論点を絞った臨時議会の招集を検討していることを24日朝、記者団に明らかにした。

 市長の支援団体「河村サポーターズ」が議会解散請求(リコール)の署名活動を本格化させるのに合わせ、議会改革を巡って市長側と議会側の違いを鮮明にして市民の関心を高め、署名活動を後押しする狙いもあるとみられる。

 河村市長は、議員の定数と報酬を半減し、政務調査費を廃止する議会改革関連の条例案を提出したが、23日の市議会総務環境委員会は全会一致で否決した。市長は「まともに議会と議論するとこうなる。自分の身分保障は絶対ですから」と述べた。

 否決された条例案に再議権の行使はできないため、臨時議会の招集を検討しているという。

 一方、修正される10年度当初予算案についての再議権の行使には慎重な姿勢を示した。【岡崎大輔】

【関連ニュース】
名古屋市:市長支援団体、4月中に議会解散署名を開始
名古屋市:議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討
名古屋市:減税「1年限り」 市議会修正案、きょう可決
名古屋市:市民税減税 市長は持論、平行線 市議会委で質疑 /愛知
名古屋市交通局:バス事業経営改善策 市議会委、計画案修正求める /愛知

認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都(医療介護CBニュース)
外国人犯罪拠点「ヤード」捜索 建築基準法違反を適用 兵庫県警(産経新聞)
<文楽列車>奈良へ 平城遷都記念(毎日新聞)
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?(産経新聞)
社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)
AD